2012年05月19日

犬連れOKな音楽フェス!?松本市りんご音楽祭に迷い込み!

さて犬さん。

富士山貫一関所信玄カピバラさん城下町などなど
今回はあちこち巡り歩きましたが、真の目的地はこちら。
ついにたどり着いた長野県は松本市、アルプス公園です。

P5190005_R.JPG
「長い前置きだったが、いったい何があるというんだ」

今日と明日の2日間(2012年5月19・20日)、
この公園でりんご音楽祭という
野外音楽フェスが開催されているのです。

P5190024_R.JPG
「野外フェスってあれか。フジロックみたいなやつか」

規模はもう少し小さいですけどね。
松本の街の活性化を目的とする有志の皆様が
松本にゆかりのあるアーティストや今注目の若手アーティスト、
さらには有名な大物アーティストなんかを呼んで
みんなで楽しくやりましょう。というイベントのようです。

会場が公園なので、犬連れでも怒られないという
フリーダムな運営方針みたいなので、
犬さんと一緒にお邪魔してみようと思います。

P5190054_R.JPG
「しかし、飼い主が音楽に興味があるとは意外だったな」

音楽というより、このイベント自体に興味があったので…
出演しているアーティスト80組以上のうち、
名前を知っているのは2組ぐらいです。
飼い主、最近の音楽とか全然わかんないんですよね。

P5190085_R.JPG
「…飼い主の中で、今一番来てるアーティストは誰だ」

スピッツです。

P5190077_R.JPG
「…今日一日、『犬の散歩中に迷い込んだ者ですデヘヘ』という顔を崩すなよ」

無論です。



というか、本当に公園を散歩中に迷い込めそうな会場ですね。
公園内に作られた4つのステージで同時進行的にライブが行われていますが、
そのうち比較的小さな2ステージは一般の人も通るところにあって
ステージも見えてるし音も聴こえます。
ステージの近くに行こうと思ったらリストバンドをチェックされますけどね。

P5190045_R.JPG
「当日に演奏を聴いて、面白そうだと思ったらチケット買うというのもアリなんだな」

そうみたいです。
当日券やグッズの購入、前売り券とリストバンドの交換は
犬さんの後ろに見えてるブースでできます。
駐車場が込むと嫌なので朝一番に来ましたが、
すでにかなりの人出ですね。
公園の駐車場はピーク時間帯(11時〜15時)は満車になってたりするので
シャトルバスを利用した方がいいとのことです。

P5190116_R.JPG
「飼い主は車で来たので、絶好のフェス日和にビールが飲めず涙目だったぞ」

犬連れ以外はほんと、公共の交通機関がおすすめですよ!


さて、上に書いた通り、どのステージで
どのアーティストを見ていいか見当もつかないので、
とりあえず一番大きい「りんごステージ」に来てみました。
お天気もいいし、芝生に座ってリハーサルの音を聞いてるだけで、
フェス感が高まってきますね。
開演前なのに、すでにお客さんが集まりはじめてます。

P5190098_R.JPG
「演奏中の写真はないのか」

アーティストの写真は、撮影NGです。
検索とかでこの記事に来た皆さん、
期待してもその人の画像はありませんよ。

りんごステージで最初に登場したTHE NAMPA BOYS
松本市出身の4人組で、りんご音楽祭2012の幕開けとなる
大事なステージをしっかり盛り上げてました。
後でまだ10代と知ってびっくりです。
若いのにしっかりしてはるわー。

P5190096_R.JPG
「紹介するなら、もっとかっこよく紹介しろ」

りんごステージはメインのステージの横にDJブースもあり、
比較的メジャーなアーティストが割り振られてる感じでした。
飼い主が今日の中で唯一識別できる
掟ポルシェさんのプレイはさすがの盛り上がりでしたよ。


一方こちらは、2番目に大きい「そばステージ」です。

P5190137_R.JPG
「そのステージ名には、つっこんだ方がいいのか」

各ステージには、長野県の名産品の名前が付けられています。
最初に、松本の活性化を目指したイベントだと説明したでしょ。

こちらもまた、客席が芝生の丘という
フェス感たっぷりの素敵なステージです。

P5190147_R.JPG
「飼い主がさっきから言ってるフェス感って何だ」

青空の下、芝生に座って、ステージの演奏を聴きながら
屋台の食べ物を食べたり、ビールを飲んだり、
お昼寝をしたりするのです。

P5190160_R.JPG
「単に、やかましいピクニックじゃないか」

あれ?
でも、こちらのステージはクラブ系のアーティストが多いのですが
他のステージと比較するとまったりした感じなので
そういう楽しみ方もありだと思いますよ。
犬さんも、ちょっとお昼寝なんてどうですか?

P5190171_R.JPG
「やぶさかではない」


さて、残りの2つのステージも見に行きますが、
犬さん、その方はどなたですか?

P5190175_R.JPG
「知らんがな」

公園なので犬OKとはいえ、あくまで音楽フェスなので
犬連れはちょっとドキドキして行ったのですが
来ているお客さんも、スタッフの皆さんも、アーティストの方々も
とても優しくて、たくさんの方に声をかけていただいたり、
犬さんを撫でまくっていただいたり、
オススメのアーティストを教えていただいたりしました。

P5190190_R.JPG
「やっぱり、こういうイベントだからみんなノリが良かったな」

もちろん、犬好きな人ばかりではないので
ステージに近づかない、ショップでは犬連れで列に並ばないなど
最低限のマナーは必要ですけどね。

それにしても、「アーティスト」と書かれたパスを首から下げた人が
たくさん犬さんを撫でて下さったのに、
飼い主は上に書いた通り出演者を誰一人知らなかったので
その場でも反応できなかったし、
ここでもほとんど自慢できないのが非常に悔しいです。

P5190167_R.JPG
「アーティストが声掛けてやってんのに反応薄い、嫌な客だと思われただろうな」

やっぱりそうですか?
でもね、全然知らないのに
「どうやらアーティストらしい」というだけで盛り上がっちゃうのって
その方が失礼じゃないんですか?

P5190170_R.JPG
「正解は両方失礼だ。出演者ぐらい把握してから来い」

ですよねー…


さて、残り2つのステージは「わさびステージ」と「おやきステージ」です。
今気付いたけど、わさびの方は写真がない…
こちらはジャンルを問わず、個性的なアーティストが多数出演してました。
一番カラフルな感じがしたのが、こちらのわさびステージでしたよ。

P5190027_R.JPG
「読んでる人に言っとくが、各ステージの特徴は100%飼い主の主観だ」


4つ目はこちらの「おやきステージ」です。
こちらはロックやHIPHOPのかっこいい系な音楽が多かったです。

P5190179_R.JPG
「なぜモザイクが…?」

アーティストの写真撮影はNGなので。
ステージでは某アーティストさんがライブ中だし、
ステージの手前では某アーティストさんが
某アーティストさんをフィーチャリングして
キャッチボールをなさっておられます。

この方たちも、皆様犬さんを撫でてくださいました。
アーティストと観客の距離が近い、本当に自由な感じのイベントですね。

…と思っていたら、またアーティスト用パスを首から下げた一団が
犬さんを撫でに来てくださいました。
大阪弁の、かわいいお兄ちゃんたちでしたが
そのすぐ後のステージに登場したので、珍しく正体が判明しました。
大阪出身のジャズロックバンド、カルメラです!
この人たち、飼い主にとってこの日一番の収穫でした。
パワフルでソウルフルで何より楽しい音楽とパフォーマンスで
ライブに行きたくなっちゃいました。
しかも!演奏中、メンバーが客席に降りて盛り上がってる最中、
辻本さんがダッシュで犬さんを撫でに来てくださいましたよー!
キャー!惚れてまうやろー!
というわけで、飼い主は本日からカルメラのファンになることにしました。

P5190136_R.JPG
「やむを得ないな」

別に犬さんを撫でてもらったから言うわけじゃなく、
本当にカルメラ、いいですよ。
飼い主はこんなんなので「はじめまして」でしたが、
もう既に鋭い人達からは大注目を集めてるっぽいので
今のうちにチェックしておきましょう。
飼い主はライブ行きます。



というわけで、結局朝の9時前から夜の10時頃まで、
りんご音楽祭を堪能してしまいました。
この後は松本市内のクラブやライブハウスで中夜祭があり、
もちろん明日も朝からりんご音楽祭2日目が開催されます。
音楽に詳しくないのに犬連れで行った飼い主は凄く楽しかったので
音楽好きな人ならきっとそれ以上に楽しいイベントだと思います。
松本もいいところだったし、飼い主はまた犬さんと一緒に来たいと思います。

ですよね、夕方あたりで限界を迎えて、車で寝てた犬さん?

P5200195_R.JPG
「…次回の参加は、来年まで考えさせてもらう」

赤塚不二夫先生が描いたみたいな顔になってますよ!



りんご音楽祭を最終目的地として、
富士山に寄り道するに至った飼い主の連想を
理解できたらクリック!
人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ





ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

松本市&安曇野市でお城&レトロ&グルメお散歩!

さて犬さん。
美ヶ原高原での寄り道を経て、
長野県は松本市までやってまいりました。

P5200324_R.JPG
「他にも1週間ほどかけて色々経た気がするんだが」

ここは松本城です。
全国に12しか存在しない、現存天守の一つですよ。
お堀に映る姿が堂々としてかっこいい天守閣ですね。

P5200326_R.JPG
「様式の違う破風と、外壁に黒い板が張られてるのが特徴的だな」

天守の中には秘密の部屋があったりするみたいですが
犬連れの場合はお堀より中には入れません。
でも、お堀の外の広い公園をお散歩するだけでも、
お城がよく見えますよ。
他の犬NGなお城に比べても、
外からでも見やすい位置に立ってるので良心的です。

P5200337_R.JPG
「良心は関係ないが、平城だし堀に面して建ってるからな」


松本城の周辺は、レトロな建物がたくさん残っていたり
城下町の雰囲気に合わせたなまこ壁のお店が並んでて
お散歩するのがとても楽しいです。

P5200301_R.JPG

P5200302_R.JPG

P5200319_R.JPG

古本屋さんも、あんなに渋い店構えですよ!

P5200339_R.JPG
「古文書とかザクザク出てきそうだな」


P5200297_R.JPG
「歩いてると、喉が渇くな」

あっ、見つけちゃいましたね。
この辺りはあちこちに井戸だの、湧水だのがあって
自己責任で飲めるようになっています。
「まつもと城下町湧水群」として、名水100選にも
選ばれてるらしいですよ。
北アルプスが間近に見えてますから、
その雪解け水がここで湧いちゃってるんだと思います。
こんな可愛いご親切にも出会えましたよ。

P5200357_R.JPG

P5200359_R.JPG
「犬の散歩には有難いな」

ちゃんと水皿を持って行って、マナーを守って楽しみたいですね。


松本市美術館入口では、
草間彌生大先生・作のパックンフラワーが襲ってきます。

P5200355_R.JPG
「クラシックな街並みで、ここだけもの凄いポップだな」

美術館へのバスも水玉仕様で、城下町で浮きまくってました。

P5200372_R.JPG


四柱神社の門前町、縄手通りもまた、レトロな感じが素敵ですね。
由来はよくわかりませんが、カエルがマスコットキャラになってるそうです。

P5200306_R.JPG
「女鳥羽川沿いにあるので、綺麗な川と活気ある商店街に「カエル」決意らしい」

今の時点でも、綺麗な川沿いの活気ある商店街でしたよ。
カエル大明神があったり、カエルグッズ専門店があったりします。
毎年カエル祭りも開催されるとか。

P5200383_R.JPG
「カエル大明神様、飼い主が早く家にカエル気になりますように」

オープンカフェがあったり、縁台のあるお店があったりするので
お願いすれば犬連れでもお茶できるんじゃないでしょうか。

P5200379_R.JPG
「飼い主はいいのか」

せっかく信州まで来たので、飼い主はお蕎麦を食べる所存です。

P5200346_R.JPG
「犬連れOKな蕎麦屋なんか、あるのか」

松本市では見つけられなかったのですが、
安曇野まで行くとあるみたいです。



安曇野には、森の中の道路沿いにお蕎麦屋さんや
おしゃれなカフェやレストランが並ぶ
通称「蕎麦街道」があります。
こちらの仙寿庵さんは、その激戦区にある1軒。
テラス席は1つしかありませんが、外からも入れて
犬連れでお蕎麦や創作料理が楽しめます。

P5200417_R.JPG
「店内に焼き物が飾ってあったりして、雰囲気のいい店だな」

陶芸教室を開いてらっしゃるそうですよ。
「そば」「陶芸」って、定年後のお父さんがハマる
2大メジャー趣味だと思うので、そういう人にもお勧めですね。

P5200429_R.JPG
「雑な紹介をするな」

お蕎麦もおいしかったですよー


蕎麦街道沿いには北アルプス牧場という牧場があって、
そこのソフトクリームはマストで食べとくべきらしいので
ついでに行ってみましょう。

P5200393_R.JPG
「牛の姿は見当たらないが、ちゃんと牧場だな」

雰囲気ありますね。お店は道を挟んだ向かいにあります。

P5200384_R.JPG
「さすが、みんなソフト食べてるな」

テラスの部分に椅子が置いてあって、
お店で買ったソフトクリームや軽食を
食べられるようになってます。
店内は犬NGですが、テラスまでは大丈夫。

ブルーベリーやみたらしなど、
心惹かれるトッピングもありましたが
ここはトッピングなしでシンプルにいただきます。

P5200394_R.JPG
「ミルクのいい香りがする」

牛乳の味がしっかり感じられて美味しいです。
あっさりしてるので、ペロリと完食できました。

犬さんには、牛乳をどうぞ。
瓶の容器で、クリームが浮いてていかにもおいしそうです。

P5200415_R.JPG
「うまいけど、またでかいサイズのを買ってきたもんだ」

コップで買えるホットミルクも売ってたし、
多分お願いすれば冷たいままでも売ってもらえたと思いますが
犬さんならコップ1杯じゃ足りないと思って。


P5200432_R.JPG
「安曇野まで来たのに、食うのに夢中で北アルプスは見てなかったな」

視界にはチラチラ入ってたんですけどね。
松本市に戻ってきたので、景色の綺麗なところに行きましょうか。




その名もアルプス公園です。

P5190073_R.JPG
「見ての通りのアルプス公園だな」

広い敷地内には、芝生広場やBBQサイト、親水公園、
北アルプス一望の展望台、各種の遊具、ミニ動物園まである
お子様大喜び間違いなしの素敵な公園です。
名物のアルプスドリームコースターという、
森の中を駆け抜ける全長630mの長い滑り台は
有料ですが、必滑ですよ!

P5190050_R.JPG
「聞いたことのない単語だ」

展望台やミニ動物園、乗り物遊具以外は犬連れでも楽しめますよ。

P5190090_R.JPG
「恐竜もいるぞ」

人気のない森の中に、急にいましたね。
妙にリアルだなあ…

さて犬さん、実はこのアルプス公園こそが、
今回の旅の目的地だったんですよ。

P5190039_R.JPG
「ここが?」

はい。いいお天気になってよかったです。
りんご音楽祭、まもなく始まりますよ!



急に大型バイクに乗り始める定年後のお父さんとかいるよね。
と思ったらクリック!
人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ





ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

美ヶ原高原美術館で、犬連れアート鑑賞!

さて犬さん。

群馬県の草津温泉を後にして、長野県へ向かいます。
目指すは今回の目的地、松本市です!

P5180082_R.JPG
「今までのが全部寄り道だったという、衝撃の展開」

途中、もう一か所だけ寄り道をしてみましょう。
八ヶ岳の北西部に、美ヶ原高原というところがあります。
ビーナスラインという道路で、車で行けちゃいますよ。

さて、着きました…が、ギャー!寒い!

P5180199_R.JPG
「風も強いし、雪も残ってるな。標高約2000mともなると」

飼い主、ネルシャツにサンダルで来たのを激しく後悔です。
5月も半ばを過ぎて、下界は結構暑かったのに…

でも、ここまで来て帰れません。
この美ヶ原高原には、美ヶ原高原美術館というものがあるのです。
広大な敷地に彫刻作品が屋外展示されているという、
箱根彫刻の森美術館(運営会社が同じらしいです)
に似たコンセプトの美術館です。

P5180209_R.JPG
「犬連れで入れるんだな」

はい。姉妹館の彫刻の森美術館はペットNGですが、
こちらはなぜか別料金を払ってマナーを守ればOKです。
入口にある誓約書に記入して、ペット入場料100円を払いましょう。

入口に入る前から、たくさんの彫刻がお出迎えですよ。

P5180085_R.JPG
「これは期待できそうだ」

P5180090_R.JPG
「このサイのやつは、YBPにもあったな」

犬さん、よく覚えてますね。安藤泉さんは、
鍛金彫刻で動物を力強く表現する作品で有名です。
サイって、哺乳類の中で一番
金属の素材に適した造形ですよね。


門をくぐって中に入ると、とにかく広い敷地の中に
じっくり見ていたら1日がかりになりそうな数の作品が展示されています。

このような巨大な作品があったり、

P5180195_R.JPG
「これはこの美術館のシンボルになってる代表的な作品の一つだな」

このような、比較的小さな作品が並んでるコーナーがあったり。

P5180107_R.JPG
「必ず1体は、自分に似た顔の彫刻があるという」

ありません。

それにしても、広さも作品の数の多さも半端ないですね…




彫刻クイ〜ズ。

次の彫刻作品のうち、「不可思議な仲間たち」という
タイトルの作品はどれでしょう?

1。
P5180145_R.JPG

2。
P5180130_R.JPG

3。
P5180135_R.JPG

4。
P5180132_R.JPG

P5180119_R.JPG
「…4」

ブー。正解は2でした!

P5180114_R.JPG
「急に、興味ないのに連れて来られた修学旅行生みたいな遊びを始めたな」

P5180137_R.JPG
「まさか、もう飽きたのか」

いえ。すごく楽しいのですが、なにしろ作品の量が膨大で、
いちいちじっくり鑑賞してたら日が暮れてしまうので。

P5180192_R.JPG
「楽しみ方は自由だけどな」

彫刻と同じポーズで写真を撮るとか、
遠目で見てタイトルを予想するとか、
嘘の作品解説をするとか、
遊び方はたくさんありますからね。

P5180190_R.JPG
「やっぱり飽きてるんじゃないか」

だって、丘を越えたら開けた視界に
まだ見てない作品が数十個も見えたり、
さっき行ったはずのエリアを振り返ったら
見たことない作品がひとかたまりあったりするんですよ。
道を歩いて、全ての作品の「前を通る」だけでも
1〜2時間かかりそうです。

P5180179_R.JPG
「彫刻と同じポーズに挑戦してみたらどうだ。これとか」

難易度高い!

P5180121_R.JPG
「じゃあ、あれ」

P5180117_R.JPG

死ぬ!

P5180167_R.JPG
「あれは?」

P5180125_R.JPG

もっと死ぬ!

あ、犬さんとコラボで、これならやってもいいですよ。

P5180207_R.JPG
「手前なら考えてやってもいいが、奥ならお断りだ」

こういうのもあるし、彫刻と同じポーズを
犬と一緒にやるという遊びもできそうですね。

P5180099_R.JPG

P5180098_R.JPG
「普通の人は、もっと真面目に美術鑑賞で楽しめると思うが」


でも、なんだかんだ言って、結局全部の作品を見てしまいました。
単に歩き回るだけでも、かなりボリュームのある充実した
犬の散歩とアート鑑賞ができてしまうので、いい施設です。

さて、今ちょうど、室内の展示場では「ミッフィーはどこ?」という
作品展をやってるので、飼い主はそれを見てきます。
犬は屋内には入れないので、犬さんは車で待っててくださいね。

P5180150_R.JPG
「…いつになったら目的地に着けるんだろう」



「美ヶ原」って、「旨煮」みたいなもの?と思ったらクリック!人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ





ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
もんど モンド 主水 大型犬と一緒 旅行 犬同伴 わんこ OK 犬連れ