2012年07月12日

北海道旅行をまとめとこう!

さて犬さん。
2012年・夏の北海道旅行も、これで本当におしまいです。

IMGP2394_R.JPG
「長かったなあ」

Le tour du monde史上最長、記事数も最多となりました。
北海道は広いので、単純に1周するだけでもかなりの時間が必要ですね。

このブログを見に来てくださる方がいちいち記事を遡らなくていいように、
各記事のリンクをここにまとめて、
北海道カテゴリの一番上に表示させておこうと思います。

まず、北海道へのアクセスについてはこちら。
大型犬を連れて北海道!フェリーで行ってみよう!

苫小牧のフェリー港からも、千歳空港からも行ける
犬連れOKなパークはこちら。
北海道上陸!まずはノーザンホースパークでひと遊び!

旭川では、ドッグランや大自然を満喫。飼い主だけ動物園にも行きました。
旭川でお散歩&ドッグラン!
やっぱり我慢できなくて…旭山動物園に突撃!
旭川から足を延ばして、層雲峡&大雪山!

そして北上し、稚内へ。
稚内まで、北の最果てを見に行こう!
ついに宗谷岬!日本の果てに立ってみよう!

次はオホーツク海に沿って、網走へ。
網走の前に…オホーツクドライブ&能取湖周辺!
網走といえば、ここ!監獄博物館で猛反省!
網走では結局晴れず…で、カフェめぐり!

知床では、キタキツネとかに会えました。
犬さんと巡る知床・ネイチャードライブ!

摩周湖・屈斜路湖・阿寒湖も巡りました。
摩周湖&屈斜路湖で北海道の自然を満喫!
アカンくない阿寒湖で、一緒にお散歩&お泊り!

十勝はとにかく広かったです。
北海道の広大さを体で知る、十勝千年の森!
サホロリゾート・ベアマウンテンで熊さんに会おう!
十勝の恵みで幸福に!オーベルジュ・コムニでお泊り!

そして、トマムで雲海を見逃し…
星野リゾート・トマムでお泊り&痛恨の雲海見逃し!

富良野も駆け足で観光しました。
知らない国から…駆け足で富良野めぐり!

札幌では、ウィークリーマンションに滞在。
札幌で、ペット可のウィークリーマンションに入居体験!
札幌ステイでお散歩&観光!
札幌市・モエレ沼公園でプチ登山!

小樽、積丹、ニセコへは、札幌から日帰りで行きました。
犬さんと行く小樽・レトロ散歩!
犬たんと行く、積丹半島・神威岬!
ニセコ・アンヌプリのペットOKゴンドラで空中散歩!

そして、最後が函館です。
ついに函館!まずは大沼&五稜郭をお散歩!
函館の街をお散歩!


これでもまだ、根室で朝日を見るとか、釧路湿原をお散歩するとか、
洞爺湖で木刀を買うとか、登別時代村で江戸時代ごっことか、
行きたかったけど泣く泣くあきらめたスポットがまだまだありました。

北海道は全体的に自然がいっぱいで土地に余裕があるので
犬連れで散歩を楽しめる観光地が多くて楽しかったです。

ね、犬さん?

IMGP1626_R.JPG
「やっぱり食べ物も美味しいしな」

何を食べても美味しかったですよね。
行く先々で一緒に牛乳を飲んだし、
スーパーで買ったラム肉や牛肉なんかを食べさせていたので
犬さんの舌が肥えてしまったのではないかと心配です。
飼い主は全体的に肥えてしまいましたけど。

IMGP1250_R.JPG
「1カ月近く遊び呆けて、心配するところはそこじゃなかろう」

ですね…

タグ:Project47
ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

函館の街をお散歩!

さてさて、犬さん。

函館駅までやって来ましたよ。

IMGP2238_R.JPG
「ここで記念撮影をするのは基本だな」

人間のあなたも、ぜひこのポーズでどうぞ。

函館駅のそばは、朝市になっています。
朝市といっても、昼ごろまでやってるお店が多いので
色々見て回ると楽しいですよ。

IMGP2243_R.JPG
「活気があって、犬にも優しかったぞ」

観光客向けなのでお得感はありませんが、
楽しく買い物ができました。


函館駅&朝市から海沿い1kmほど歩くと、
あの有名な赤レンガ倉庫があります。

IMGP2258_R.JPG
「この周辺は、ザ・函館な風景だな」

ここから、後ろに見えている函館山までの間には
歴史的建造物がどっさりありますよ。

IMGP2265_R.JPG
「山の手だけあって、坂だな」

頑張って上ると、坂の上からの景色がまたいいですよ。

IMGP2282_R.JPG
「海まで見通せて、情緒があるなあ」

坂の上には、教会群がありました。
こちらは函館元町教会。

IMGP2267_R.JPG
「とんがり屋根がかわいいな」

こちらは函館ハリスト正教会。

IMGP2275_R.JPG
「正教会だけあって、ロシア風味だな」

そこから少し離れたところに、函館公会堂があります。
豪商が私財を投げ打って建てたそうですが、
なんかちょっと悪趣味な気もします。色のせいかな。

IMGP2287_R.JPG
「いや、これはギリギリ踏みとどまってると思うぞ」

公会堂の向かい側に、函館元町公園があります。
函館湾を一望できる、とてもいいロケーションですね。

IMGP2294_R.JPG
「長崎、神戸、横浜にも、元町があるけど」

大きな港町にはあるんですね。
どういう意味なんでしょうね?

元町公園内には、旧北海道庁函館支庁舎の建物もあります。

IMGP2304_R.JPG
「今は観光案内所になってるみたいだ」

そこから坂を下ったところには、旧イギリス領事館が。

IMGP2314_R.JPG
「中にはカフェとかあるみたいだな」

建物の中は無理ですが、お庭は犬連れで入れますよ。

IMGP2323_R.JPG
「イギリスっぽいなあ」

さらに下ってきましたが、
ここにも歴史的建造物がありますよ。

IMGP2353_R.JPG
「見たところ、新しい建物ばかりのようだが?」

ふふふ。わからないのも無理はありません。
こちらの電柱がなんと、大正12年に立てられた
現存する日本最古のコンクリート電柱なのです。

IMGP2354_R.JPG

IMGP2357_R.JPG
「マーキングしたら怒られるんだろうなあ」

犬にマーキングされてこその電柱という気もしますが、
恐れ多いので絶対やめといてくださいね。


さて、海沿いまで戻ってきましたね。
北海道第一歩の地のモニュメントは、
明治時代、本州から来た人々が
最初に北海道の大地を踏みしめたのが
この函館の港だったことから建てられたそうです。

IMGP2343_R.JPG
「ヒグマなのか、白熊なのかはっきりしてほしいな」

北海道だから、ヒグマじゃないですかね…?

こちらは、赤い靴履いてた女の子の像です。

IMGP2261_R.JPG
「あれは横浜の話じゃないのか?」

あの歌のモデルとなった女の子の両親は、
北海道に入植した人達で、開拓生活の厳しさから
幼い娘を外国人宣教師に預けたそうです。
つまり、横浜から異人さんに連れられて異人さんの国へ行く前に、
函館から横浜まで異人さんに連れられて行ってるわけで。

IMGP2351_R.JPG
「ややこしいわ」

しかも、本当は結核にかかって東京の孤児院に預けられ、
そこで亡くなっているので、
横浜からは連れられて行ってないようです。

IMGP2296_R.JPG
「話が入り組みすぎだろう」

こちらは新島襄の像です。
単純明快に、函館からアメリカに密航したから
ここに銅像が立っています。

IMGP2340_R.JPG
「うん、それぐらい単純なら受け止められる」

ギョーカイ人的な上着の着こなしに関しては、謎のままですけどね。


函館は路面電車の似合うレトロな港町で、
雰囲気がいいですね。

IMGP2335_R.JPG
「雪が降ると、またいい風景になるんだろうな」

さて、この後は、もちろん、夜景を見て…
のはずだったんですが、夜景スポットである函館山山頂への
ロープウェーには犬連れで乗れません。
車で行こうと思ってたんですが、夕方以降は車の通行も禁止!
結局、山頂に行く手段がないため、夜景は断念です。

IMGP2367_R.JPG
「函館は日本有数の夜景スポットだぞ。最後の最後に、大ポカだな」

なんで夜間は通行止めなんだろう…
犬連れの場合は、
夜景が見えるペットOKのペンションなんかもあるみたいなので
よく調べてから、またの機会にリベンジしに来ましょうね。

函館では、函館パークホテルさんに宿泊しました。
ペットと同室では宿泊できませんが、
敷地内に設備充実のペットホテルがありますよ。

IMGP2160_R.JPG

温水シャワーもあり、小型犬ならシャンプー&トリミングできちゃいます。

IMGP2161_R.JPG

ケージの中にはカメラが付いていて、ホテルのロビーにあるテレビで
ペットの様子を随時見られますよ。

IMGP2163_R.JPG
兵庫県の佳泉郷井づつやさんと同じパターンだな」

「ペットドリーム」という名前まで一緒だし、
ホテル向けのこういうパッケージがあるんでしょうね。
パークホテルさんは、お部屋も快適で大浴場も良かったです。

さて、明日はいよいよ、津軽海峡を渡って本州に帰ります!



北海道編、長かったー!と思ったらクリック!人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ

タグ:Project47
ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

ついに函館!まずは大沼&五稜郭をお散歩!

さて犬さん。
Le tour du monde史上最長となった北海道旅行も、
いよいよ終盤に差し掛かりました。

本州に帰る前に、函館周辺をウロウロしてみましょう。

その前に、有珠山SAでドッグラン休憩です。

IMGP2094_R.JPG
「これまた、丸太で作った野趣あふれるランだな」

利用者名簿に名前を書くシステムになっています。

IMGP2102_R.JPG

シャワー完備の足洗い場、ゴミ箱など設備も充実。
隔離エリアもあるので、他の犬がいても気を遣いません。

IMGP2099_R.JPG
「せっかく『犬見知り』って婉曲表現を使ってるのに、隔離って言うな」


さてさて。
まず、札幌方面から函館市街へ向かう途中にある、
大沼国定公園にやってきましたよ。
大沼は、駒ヶ岳の噴火でできた堰止湖です。

IMGP2118_R.JPG
「小島がたくさんあって、湖面に緑が映えているな」

橋で繋がれた小島を巡る、遊歩道が整備されていますよ。

IMGP2137_R.JPG
「風光明媚な、いい散歩コースじゃないか」

ちょっと曇っちゃってますが、駒ケ岳も見えてます!

IMGP2144_R.JPG
「天気が良ければ、さぞかし良い景色だろうな」

売店では、軽食やソフトクリームをいただけますよ。
売店の外にテーブルとイスがあって、犬連れでもOKです。

IMGP2152_R.JPG
「このドス黒いソフトが、物凄く怪しいのだが」

函館名物、イカ墨ソフトだそうです。
飼い主は勇気がないのでやめときました。

そのかわり、美味しい牛乳を飲みましょう。
山川牧場というところの牛乳みたいです。

IMGP2155_R.JPG
「そうこなくっちゃ」

飼い主もお腹が空いたので、
この近くにあるレストランに寄ってもいいですか?

IMGP2156_R.JPG
「別にいいけど」


大沼のほとりにある、ワンデールさんです。

IMGP2114_R.JPG
「外国の家みたいな店だな」

店内も、カントリー調のインテリアで素敵です。
お店のトイレで見た、かわいいハニーディスペンサーを
液体ソープのディスペンサーとして使うアイデアは
さっそく家に帰って真似をしてしまいました。

犬連れの場合は、4席あるテラス席だけ。
メニューは、手作りハムや自家製ハーブなど、
素材にこだわってる感じです。

IMGP2109_R.JPG

IMGP2113_R.JPG

犬用メニューや、お水のサービスはなし。
ドッグカフェではなく、あくまでもペット可のレストランですね。

IMGP2106_R.JPG
「メニューがあっても、食わせてもらえるとは限らないけどな」

さっき、牛乳も飲みましたしね…


そんなこんなで、今度は五稜郭に来てみましたよ。

IMGP2178_R.JPG
「星形が特徴的な、函館を象徴する城だな」

あちらの五稜郭タワーに上ると、
上から星形を確認できるそうです。

IMGP2206_R.JPG
「タワーのデザインも、☆っぽいんだな」

残念ながら、犬はタワーには入れませんが
地上なら、お堀の中まで入って一緒にお散歩できますよ。

IMGP2193_R.JPG
「ここの、とんがった部分に星形の片鱗を感じる」

五稜郭といえば、元新撰組副長土方歳三の
最期の地として知られていますね。
当時の大砲なんかも展示されています。

IMGP2215_R.JPG
「歴史の知識0の飼い主にしては、よく知ってるな」

中学生の頃に『燃えよ剣』を読みましたので。
なんで函館に来て、何と戦って戦死したのかは
さっぱり思い出せませんが。

IMGP2223_R.JPG
「見直して損した」

こちらの建物は、2010年に公開が始まった
箱館奉行所(復元)です。

IMGP2212_R.JPG
「大きくて立派な建物だな」

これでも、まだ一部しか復元されてないみたいですよ。
復元されていない部分は、地面に白線で
間取りが描かれています。

IMGP2227_R.JPG
「おままごとみたいだ」

こちらはお白洲らしいです。

IMGP2229_R.JPG
「島流し!」

逆です。そっちは罪人が座る方。お奉行様はこっちです。

IMGP2234_R.JPG
「さらし首!」

つい、遊んじゃいますね。
五稜郭は公園っぽく整備されているので、
お堀の周りを散歩したりできました。
建物の中以外は犬連れでも無料で見学できるので、
犬と幕末の歴史がお好きな方にはおすすめです。

IMGP2175_R.JPG
「打ち首獄門!」

もういいですって。

IMGP2186_R.JPG
「ブログの記事が無駄に長い咎で!」

それはほんと、すみません。
次の函館港町編も、かなり長くなりそうです…



大沼編と五稜郭編を分ける勇気を。と思ったらクリック!人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ


ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
もんど モンド 主水 大型犬と一緒 旅行 犬同伴 わんこ OK 犬連れ