2013年05月07日

三重県伊賀NINJAフェスタで、にんにん忍者犬でござるの巻!

さてさて、犬さん。

今日は三重県の伊賀市まで来てみましたよ。

P1010406_R.JPG
「看板の上に、気になる3人組がいるのだが」

伊賀といえば、甲賀と並ぶ忍者の里。
というわけで、伊賀では大々的に忍者をアピールして
町おこしをしているらしいでござるよ。

P1010373_R.JPG
「アピールって、忍者の本分とは真逆な気がするが」

何を言うのですか。これは、忍者は忍ぶものという先入観を逆手にとって
逆に目立つことで敵の目を欺いているのです。
こういう、常識とは敢えて逆の事をする忍術を、
雨鳥の術というのですよ。

歩道の車止めも忍者。

P1010401_R.JPG
「石の気持ちになって気配を消す、うずら隠れの術」

マンホールも忍者。

P1010398_R.JPG
「おすい こうきょうの術」

トイレの表示も忍者。

P1010533_R.JPG

車の上にも忍者。

P1010347_R.JPG
「五車の術の一、屋根の上に乗車の術」

工事現場の防護シートも忍者。

P1010520_R.JPG
「頭でかいの術」

ジンジャーエールも忍者。

P1010443_R.JPG

P1010364_R.JPG
「ただのダジャレの術」

ビクターの犬も忍者犬になってます。

P1010353_R.JPG
「犬をけしかけられた時に犬で対抗する、合犬の術」

犬さん、さっきから単なる感想に
ちょくちょく本当の忍術を混ぜるのはやめてください。

喫茶店の看板も忍者だし、

P1010526_R.JPG

電車も忍者。

P1010442_R.JPG

悪徳商法お断りも忍者です。

P1010392_R.JPG

歩道のフェンスなんかには、もちろん忍者。

P1010410_R.JPG
「いい加減にしろ!忍者に頼り過ぎだろ!」

この程度で何を言ってるんですか。
ただでさえ、これだけ町に忍者が溢れている伊賀上野ですが
毎年春に開催される伊賀NINJAフェスタでは、
さらに街中を忍者が埋め尽くし、忍者関係の楽しいイベントが目白押しです。

こちらは、「街角忍者を探せ」というイベントの一環で
街のあちこちに忍んでいる等身大忍者です。

P1010349_R.JPG
「だから、忍ぶ気はあるのか」

あそこにもいますよ。

P1010366_R.JPG

P1010367_R.JPG
「あれはもはや、何らかの事故では」

ここにも。

P1010503_R.JPG
「こいつに至っては、普通に茶店の前でくつろいでるし」


フェスタ期間中は、観光案内所に設けられた「変身処」で
忍者装束をレンタルできるので、歩いてる観光客の
半分以上が忍者だったりします。
カップル忍者や家族忍者、はしゃぐ子供忍者、
そのお父さん忍者が押してるベビーカーに赤ちゃん忍者。
みたいな、レアな光景が広がっています。

IMGP5144_R.JPG
「赤青黄ピンクで、カラフルなんだよな…」


さて、伊賀上野のシンボル、上野城まで来てみました。
こちらの伊賀流忍者博物館は、いわゆる忍者屋敷です。
様々な仕掛けをスタッフ忍者が実演・解説してくれるみたいですが
残念ながらペット連れでの入場は不可。

IMGP5141_R.JPG
「そばにある売店では手裏剣とか、男子大喜びのお土産が買えるぞ」

そして、上野城天守閣がこちら。こちらも、内部は犬連れ不可です。

IMGP5152_R.JPG
「白鳳城の異名を持つ、立派な城だな」

昭和の時代に復元された模擬天守で、
正式名称は伊賀文化産業城という色気のない名前ですけどね。

P1010343_R.JPG
「歴史オンチのくせに、冷める情報だけは押さえやがって」

ところで犬さん、これだけ忍者だらけの伊賀で、
忍者じゃない犬さんは逆に目立っちゃってると思いませんか?

IMGP5156_R.JPG
「確かに」

というわけでー!

P1010473_R.JPG
「変化の術!」

あっ、犬さん、想像以上に似合ってますよ!

P1010469_R.JPG
「たまになら、コスプレも悪くない」

では、忍者犬で伊賀の散歩を続けましょう。


伊賀上野は忍者もですが、街道沿いの歴史ある街並みも魅力です。

P1010506_R.JPG

P1010518_R.JPG
「歴史を感じる日本家屋も、レトロモダンな建築もあるのが素敵だ」

もちろん、そんな街並みのあちこちにも忍者が。

P1010521_R.JPG
「すごく広いテーマパークみたいな感じだな」

フェスタ中は、本当にそんな感じですね。


さて、こちらは上野銀座通りにあるドッグカフェ、Jack Gainさんです。

P1010458_R.JPG
「犬用メニュー&グッズも充実のお店だ」

実は、犬さんの忍者装束はこちらでレンタルしたもの。
超小型犬サイズから大型犬サイズまで揃っていて、なんと販売もあります。
大型犬サイズは、購入すると7000円なりでござるよ。

P1010444_R.JPG
「飼い主が買いたいと言い出さないか、結構ドキドキした」

Jack Gainさんの忍者犬衣装は、フェスタ期間以外でも
絶賛レンタル中なので、混雑が嫌いな人&犬も大丈夫です。

P1010449_R.JPG
「今回は、フェスタ開催中のGWど真ん中に来たから大変だったな」

普段の犬連れ旅行は休日を避けているので、
久しぶりの人混みに戸惑いましたね。
Jack Gainさんも激混みで、前日に来た時は入店できなかったりしました。


さて、充分に休憩したところで、もう少しお散歩です。

伊賀上野といえば、忍者と並んで松尾芭蕉の出身地としても有名です。

P1010564_R.JPG

IMGP5145_R.JPG
「その2つをミックスした、松尾芭蕉=隠密というトンデモ説もあるが」

いっそのこと、伊賀牛の祖先も松尾芭蕉ってことににしちゃったらどうでしょうか。

こちらは松尾芭蕉の生家。外観は地味ですが、
中のお庭とかが侘び寂びな感じで素敵です。

P1010390_R.JPG

P1010384_R.JPG
「犬は入れないけどな」

俳句碑も、色々な所にありますね。
犬さんも、伊賀上野の思い出を一句ひねってみませんか?

P1010387_R.JPG
つけようリード 犬とあなたの 命綱

なんですかその、保健所が公募した標語みたいな句は。

P1010404_R.JPG
「じゃあ、飼い主が手本を見せてみろ」

 放し飼いの 犬に噛まれて ピーポー沙汰

P1010440_R.JPG
「何があったんだろうな、伊賀上野で」

何があったんでしょうね…


一生分の忍者を見た気がしますが、
帰りに名阪上野ドライブインにも寄ってみましょう。

P1010427_R.JPG
「当たり前のように忍者がいるな」

マスコットキャラの、「忍にゃん」です。

P1010420_R.JPG
「コケティッシュだなあ」

ここでは、「忍者めし」が売ってました。

P1010411_R.JPG

P1010414_R.JPG

煮た牛肉が入ってるおにぎりでした。
原料も伊賀産らしくて、こだわってます。


さてさて。
色々あった伊賀上野ですが、いかがでしたか、犬さん?

P1010563_R.JPG
「とにかく忍者推しの一点突破が凄かった」

町おこしがしたい自治体は、このサービス精神を見習うべきですね。

というわけで、これにてドロン!


お土産は伊賀産鹿肉の「手裏犬ジャーキー」、ゴム手裏剣、
手裏剣かたやき、伊賀組み紐の忍者ストラップ。
忍者はもういいよ!と思ったらクリック!
人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ


P1010649_R.JPG

P1010650_R.JPG

P1010656_R.JPG

ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 三重県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

再訪の伊勢神宮で、おかげ犬再び!

さてさて、犬さん。
奈良県の吉野から、三重県の伊勢まで来てみましたよ。

IMGP5029_R.JPG
「久しぶりだな」

2011年の8月に来て、このブログでも書きましたね

何はともあれ、伊勢神宮に参拝してきます。
犬連れでは入れないので、犬さんは車で待っててくださいね。

IMGP4995_R.JPG
「早くしろよ」

お作法に従って、まずは外宮です。

IMGP4996_R.JPG

IMGP4998_R.JPG

伊勢神宮は本当に雰囲気がいいですね。

そして、内宮へもお参り。
こちらでは、中型犬までの犬なら鳥居脇の警備室で預かってもらえます。
混雑時はケージが空いていないこともあるので、
スケジュールには余裕を持って行った方がいいと思います。
大型犬の犬さんはケージに入れないので引き続き車で。
そのために頑張って早起きしてド早朝に来ましたので。

IMGP5012_R.JPG
「今は4月だけど、夏場は早朝でもおすすめしないぞ」

内宮には神馬さんがいますよ。

IMGP5006_R.JPG

放し飼いの神鶏さんに会えることもあるそうです。
そして、裏山には神鹿さんも。

IMGP5008_R.JPG

伊勢神宮は自然いっぱいの山の中にあって、
建物も自然に調和する古式ゆかしいもので素敵です。


さて犬さん、お待たせしました。
伊勢神宮の参道、おはらい町をお散歩しましょう。

IMGP5016_R.JPG
「土産物屋や茶店、料理屋が並んでて賑やかだ」

こちらは、「おかげ横丁」です。
今年も、こちらの「おみやげや」さんで
おかげ犬おみくじを購入です!

IMGP5040_R.JPG

江戸時代、お伊勢参りに行きたくても行けない人たちが
飼い犬にお札を託し、伊勢へと送り出した「おかげ犬」。
同じ方向へ行く見知らぬ旅人に導かれながら
立派に主人の代参を果たした犬たち…
への、飼い主の熱い想いについては前回の伊勢
金毘羅参りの時に書いた通りです。

IMGP5039_R.JPG
「壮大な犬のお使いだな」

「おみやげや」さんと、そのお隣のお店にはおかげ犬グッズが
たくさん売ってて、犬好きさんは伊勢土産に困りません。

IMGP5035_R.JPG
「むしろ、迷ってしまって困るかも」

同じおかげ横丁のうどん屋「ふくすけ」さんで、
名物の伊勢うどんをいただきましょう。

IMGP5046_R.JPG

お店の外にも席があるので、犬連れでも大丈夫!

IMGP5048_R.JPG
「讃岐うどんとは、見た目からして違うなあ」

関西風のだしに慣れてると、濃い色のだしに引いてしまいますね…
麺も、讃岐うどんとは違ってコシのないフワフワした触感。
釜玉うどんなら、こっちの麺の方がよく合うかも!

犬連れOKのお店が結構あって、吸い寄せられてしまいます。
別のお店で、赤福ぜんざいをいただきます。

IMGP5055_R.JPG
「よく食う奴だ」

小豆の粒が主張しすぎない、飼い主好みのぜんざいでした。

スタンダード赤福餅も食べちゃいましょう。
赤福の直営店はおはらい町界隈にいくつかありますが、
伊勢神宮に一番近いお店に犬連れOKの席があります。

IMGP5066_R.JPG

IMGP5062_R.JPG
「由緒正しいスタンダード赤福だな」

こしあんとなめらかなお餅だけのシンプルなお菓子ですが
やっぱり定番は強いですよね。

IMGP5065_R.JPG
「近畿地方と中部地方以外での知名度の低さに驚かされる」

一時期は例の件で、ネガティブな方向に
知名度が高くなってしまいましたね…


腹ごなしに五十鈴川沿いをお散歩です。

IMGP5018_R.JPG
「4月と5月が、一緒にあるぞ」

そして、この記事を書いてるのが6月という…

綺麗な河原で、散歩中の地元の犬もたくさん。

IMGP5021_R.JPG
「おはらい町界隈の賑やかさから少し離れた、落ち着いた雰囲気がいいな」


さて、伊勢周辺の観光名所といえば、伊勢神宮とここですね。
二見浦にある、夫婦岩です。

IMGP5091_R.JPG
「この岩って、鳥居なんだよな」

沖の海中に神社があって、その鳥居という位置づけらしいですね。
二見興玉神社の祭神は猿田彦大神で、そのお遣いが蛙らしく
神社のあちこちで蛙が祀られています。

IMGP5112_R.JPG

IMGP5113_R.JPG

IMGP5118_R.JPG
「『無事かえる』とか『お金がかえる』とか言って、縁起ものらしい」

じゃあ飼い主は、豪邸と高級車が「買える」ようにお願いしとこうっと!

夫婦岩と呼ばれる岩は全国にあって、
全国夫婦岩サミット連絡協議会が結成されているそうですよ。

IMGP5098_R.JPG
「要らない情報だし、面白い言葉だなあ」

犬連れでの参拝については、ネットの非公式な情報で
「ペット禁止ではない」という意味の言葉が見つかっただけでした。
神社という神聖な場所だし、公式に歓迎されているわけではないので、
普通の場所以上に気を使った方が良いと思います。
トイレが我慢できないとか、吠えちゃって止められないペットは
連れて入らない方がいいし、
そうじゃなくても、他の参拝客の皆さんに嫌な顔をされたり
神社の方に注意されたらちゃんと謝ってすぐ退出する覚悟でどうぞ。

駐車場は、大きな道沿いにお土産物屋さんの駐車場があって
そのお店で使える500円分の商品券を買えば駐車無料です。
駐車場から夫婦岩まではお土産物屋さん店内を通って行きますが
ここもペットOKなので一緒にお買いものできますよ。

IMGP5121_R.JPG
「表参道から参れるし、500円ぐらいお土産買う予定があるならこっちだな」

大きな道路からちょっと入った場所には無料の駐車場もあるので
お土産いらないし…と思ったらそちらへどうぞ。


というわけで、2度目のお伊勢まいりでしたが、
いかがでしたか、おかげ犬さん?

IMGP5031_R.JPG
「古くから安定して賑わってきた観光地は雰囲気がいい説」

歴史が古いだけに楽しみ方が確立されている上に、
安定高値なだけに必死さが薄いし、
全盛期の遺産が朽ちて残ってたりしないので
安心して浮かれられるということですね。

では、次行きましょうか!

IMGP5082_R.JPG
「いつ家にカエれルのだろうか」


クリックしてくれてもええじゃないか!人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ

タグ:Project47
ニックネーム 飼い主 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 三重県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

伊勢神宮で、おかげ犬!

夏休みだし、お天気もよかったので、またお出かけしてきました。

今日は三重県!
途中で松坂市在住の友人を拾って、お伊勢参りツアーです!

今回も、SA・PAで犬さんの休憩を入れながらです。

土山サービスエリアには、ドッグランはありませんが
お散歩のできる芝生の広場があります。

IMGP0595.JPG

IMGP0593.JPG
「意外と広くてええじゃないか!」

ランじゃないのでリードは外せませんが、

ペットトイレ、

IMGP0598.JPG

ペット専用水飲み場がありますよー

IMGP0597.JPG
「気が利いていて、ええじゃないか」

そして、感動したのがこれ!

IMGP0599.JPG

ペットのふん用ゴミ箱の上に、「備品庫」なるものが!

IMGP0600.JPG

中にはスコップとビニール袋!
手ぶらでペットと休憩に来れますね!



さて、メインの伊勢神宮~
お作法通り、まずは外宮!

SN3M0890.JPG

そして内宮!

SN3M0893.JPG

ですが、ここは犬さんが関係ないので割愛です。

犬連れ情報としては、当然ですが参拝の時は
犬は連れて入れません。
外宮、内宮ともに無料駐車場は露天なので
参拝中、犬を車内に置いて行く場合は注意が必要です。

中型犬までの大きさなら、
内宮の大鳥居横の警備室で預かってもらえます。
混雑時はケージが空いていないこともあるので注意!

ということで、駆け足で参拝を済ませた後、犬さんを救出!

IMGP0607.JPG
「五十鈴川の川原は涼しくてええじゃないか」

SN3M0896.JPG
「水もきれいで、ええじゃないか」

風情があっていいですねー。
地元ではほとんど会わない秋田犬に、
ここを散歩している30分ほどの間だけで2頭も会えました!
賢そうな虎くんと立派な赤くんでした。

SN3M0897.JPG
「こんな素敵な場所を毎日散歩できる伊勢の犬、ええじゃないか」

おはらい町・おかげ横丁も行きました!
ここにも、大小いろんな犬が歩いてましたよー

SN3M0895.JPG
「いろんな店があって、楽し気でええじゃないか」

お店の中は犬連れNGですが、縁台の席なら大丈夫!
(犬は足元か、膝の上で!縁台に乗せるのはマナー違反だと思います)
縁台のそばに水道があって、
犬さんの水分補給に利用させていただきました!

上の画像にも写ってる「おみやげや」さんで、
お土産におかげ犬おみくじを購入ー!

SN3M0908.JPG


おかげ犬とは、江戸時代、お伊勢参りをしたくても遠すぎてできない
ご主人の代わりになって、お札を納めに伊勢まで旅した犬のこと。
沿道の人や、同じ方向へ行く旅人たちに助けられながら、
立派に役目を果たした犬たちが、たくさんいたそうです。
金毘羅まいりの時に書いた、こんぴら狗と同じシステムですね。
伊勢参りが「おかげ参り」と呼ばれていた頃の良き風習です。


犬さんがめでたくこんぴら狗&おかげ犬の
両方の務めを果たしたところで、
伊勢神宮のすぐそばから入れる
「伊勢志摩スカイライン」に乗ってみました。

途中の展望台からは伊勢湾が一望できます。

SN3M0898.JPG

展望台から、山腹の遊歩道を歩けたりするので
犬連れでも散歩が楽しめますが、特に犬用の施設とかはありません。


SN3M0899.JPG
「なかなか気持ちがええじゃないか」

というわけで、飼い主ズは伊勢神宮&松坂牛を堪能して、
良い夏休みの1日になりました!
今回の犬さんは連れ回されただけっぽかったですが…

SN3M0916.JPG
「もう、二度とひんやりシートから動かんからな!」



赤福氷はええのかな?思ったらクリック!人気ブログランキングへ
ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三重県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
もんど モンド 主水 大型犬と一緒 旅行 犬同伴 わんこ OK 犬連れ