2013年09月30日

犬だけに、犬島!犬さんと一緒に渡る方法発見で念願の上陸!

犬さん犬さん。
犬島にやってきましたよ。

P9303686_R.JPG

P9303687_R.JPG
「犬だけに、犬島か」

目的はもちろん、瀬戸内国際芸術祭2013です。
犬島にある作品を、犬さんと一緒に巡っちゃいますよ。

P9303731_R.JPG
「あれ?2010年の時に、犬島へは犬連れで渡れないって言ってなかったか」

はい。瀬戸芸の公式サイトやガイドブックに載っている情報では、
犬島へは岡山県の宝伝港から高速船で渡ることになっていて、
この高速船は犬と一緒には乗れません。

…が!見つけちゃいました。宝伝港のお隣、久々井という港から
犬島へのチャーター船が出ているのです!
あすか汽船という会社の船です。
↑リンク先のブログに書かれたメールアドレスに問い合わせてみると、
犬と一緒に乗ってもいいとのこと。
というわけで、お願いしちゃいました。

定員53名の船が貸し切り状態で、片道500円往復1000円。
駐車場無料で、時間も予約制で自由に設定できるのが便利です。

宝伝港発の高速船は片道300円ですが、駐車料金500円がかかり、
チャーターすれば10人まで4000円なので、どっちがお得かは難しいところ。
目的に合わせて便利な方を選びましょう。

あすか汽船さんの船は元々、
犬島の隣の犬ノ島にある工場で勤務する皆さんが使う通勤船らしいので、
通勤時間の 7:00〜8:30、15:00〜16:30、17:45〜18:00は
予約不可だそうですが、
それ以外ならかなり時間の融通をきかせてくださいます。

飼い主なんか、渋滞を計算に入れるのを忘れて大遅刻からの
間違えて宝伝港に行ってしまって更なるタイムロスをして
大迷惑をかけてしまったにも関わらず乗せてもらえましたから…

犬島までは、10分ぐらいで着いちゃいます。
途中の海では、波が静かな時ならスナメリに会えたりするそうですよ。


というわけで、念願の犬島上陸です。

P9303734_R.JPG
「瀬戸芸の会場の中でも、小さ目の島だな」

周囲4kmで、人口わずか100人ほどだそうです。
アート作品としては、精錬所美術館と家プロジェクトを中心に、
その時々で様々な作品やイベントが見られるみたいです。

P9303690_R.JPG
「家プロジェクトって、待たされるパターンのやつだな」

はい。古民家を改造したり、新しく立てたりした『家』または『美術館』は、
館内はペットの持ち込み禁止なので
犬さんには外で待っててもらいます。


まずは『F邸』(093/名和晃平/妹島和世/長谷川祐子)です。
館内は写真撮影禁止なのですが、
有機的で巨大なオブジェに占領された母屋と
可愛いオブジェが並んだ坪庭があります。

飼い主は瀬戸芸の3シーズンパスポートを持っているので
受付で出したのですが、会期外は展示があってもパスポートは使えないそうで
新たに犬島限定のパスを購入することになりました。
2000円なり…

P9303689_R.JPG
「ていうか、パスポートにその注意は書いてあったはずだぞ」

はい…ちゃんと見とけば良かったです。
にせんえん…


肩を落としつつ、次の『石職人の家跡』(099/淺井裕介)です。
なんか、犬島は古くから御影石などの石の産地だったそうですよ。
島内の道にも石垣が張り巡らされていて、独特の雰囲気です。

P9303699_R.JPG
「作品はなんか、宇宙と交信できそうな感じだな」


次の家プロジェクト『S邸』(095/荒神明香/妹島和世/長谷川祐子 )は、
『コンタクトレンズ』というタイトルの通り、
大小のレンズが並んだショーウィンドウみたいな作品です。

P9303719_R.JPG

P9303709_R.JPG
「焦点にうっかり置いた物が燃えたりしないか心配になる」

そんな心配は一切不要で、レンズの中で逆さまになって増殖する
犬島の風景を楽しめます。
犬さんも逆さまですよ。

P9303722_R.JPG
「どこにいるかわかる?」


次の家プロジェクト『A邸』(094/荒神明香/妹島和世/長谷川祐子)は
その斜め向かいにありますよ。

こちらはドーナツ状のショーウィンドウの中に、
花びらのような極彩色のヒラヒラがぐるりと一周しています。
ファッション誌なんかで言うところの、『きれい色』というやつですね。

P9303710_R.JPG

P9303756_R.JPG
「『きれい色』って、すごい馬鹿っぽい言葉だよな」

中に入って、『視界が常時こういう風に見える人』の気分になると
楽しく鑑賞できます。

P9303711_R.JPG


次の『中の谷東屋』(096/妹島和世/長谷川祐子)は、
その名の通りあずま屋ですね。
うさぎみたいな椅子がかわいいです。

P9303733_R.JPG

P9303725_R.JPG
「東屋そのものもだが、ここの坂の風景がすごくいい」

本当ですね。積極的に迷い込みたい雰囲気です。


この素敵な坂で出会った島の住民の女性が、犬さんを見つけて
話しかけてくださいました。
『大きい犬だね。あっちの方で、大きい犬を作ってるけど見に行く?』
と言われ、はてな?となりながら案内していただくと…

大きい犬を作ってる現場が!

P9303749_R.JPG

P9303745_R.JPG
「でかい!」

これは造形作家の川埜龍三さんによる
犬島ハウスプロジェクトというアートプロジェクトで、
通称ホワイトハウスという元・合宿所の建物から
巨大な犬が上半身を出しているような作品になるそうです。
犬の表面に張られているタイルは備前焼きで、土台はアンティークタイル。

P9303746_R.JPG

タイルの中にはワークショップなどで一般の人が作ったものも含まれ、
色んな人の思いや歴史がモザイクになっています。

完成したら、ホワイトハウスの中から犬の内部に入って
犬の目から犬島の風景を眺められるみたいですよ。

P9303748_R.JPG
「巨大犬の横に、本物の犬もいるぞ」

デクさんです。13歳のベテランさんですよ。
巨大犬さんにお顔が似てるので、デクさんがモデルなのかも。
犬さんは♂同士で仲良くできないので近づいちゃダメです。

ここから見える対岸の犬ノ島には、犬石明神(犬石様)という
犬の形をした大石があって、それが犬島の名前の由来になってるそうです。

P9303750_R.JPG

犬石様があるだけに犬島で、犬島だけに犬小屋風のハウスプロジェクトなわけですね。
犬の中に入ってみたいし、完成した後にまた来ないとだなあ…


思いがけず見られたハウスプロジェクトの制作現場を後にして、
続いての家プロジェクトは
『C邸』(097/ジュン・グエン=ハツシバ/妹島和世/長谷川祐子 )。

こちらは、『家』の中で上映される10分弱の映像作品です。
犬島が舞台で、石がキーワードになっています。
よく見ると、『家』自体も梁の形とかが素敵です。

犬さんは、ここで待っててもらいました。

P9303739_R.JPG
「映像をフルで観やがって、何分待たせる気だ」


次の『I邸』(098/前田征紀/妹島和世/長谷川祐子)は、
道なりに行った先にありました。
自然の光がアートになっている『家』と、
島の住民の皆さんが協力して管理しているという
お花畑のお庭にあるオブジェ。
ストレートに綺麗な感じの作品ですが、
植物波動水ってなんか怪しくないですか…?

犬さんは、ここで待っててくれました。

P9303740_R.JPG
「さっきから、犬的には全然面白くないぞ、家プロジェクト」


ちょっと海でも眺めて休憩しましょうか。
対岸の港が見えてますね。あれが宝伝港かな?

P9303741_R.JPG
「瀬戸内海はいつ見ても、どこから見てもいいなあ」


さて、海沿いに港の方へ戻って、精錬所美術館に向かいます。

P9303752_R.JPG
「島のあちこちから見えていた煙突の場所だな」

20世紀初頭に銅の精錬所が造られて、すぐに使われなくなった後、
廃墟というか遺構として残されていたらしいですが、
2008年にベネッセアートサイトの一部として美術館化されたそうです。

ここも犬連れでは入れないので、犬さんは待っててくださいね。

P9303776_R.JPG
「また待つのか。大きい施設だから、時間がかかりそうだぞ」

2000円のチケット…にせんえん…

P9303772_R.JPG
「わかったわかった」

美術館の中は撮影禁止なのですが、最初の通路がすごく面白かったです。

P9303791_R.JPG

精錬所の遺構も、かなり近くまで行って見学できます。
歴史を感じさせる立派な設備が良い感じに朽ちていて、
廃墟好きさんにはたまらないでしょうね。



犬さん、お待たせしました。

P9303800_R.JPG
「そろそろ帰るぞ」


そうですね。
家プロジェクトや美術館など、一緒に見学できない施設がメインですが
島ならではの細い入り組んだ道や瀬戸内海の風景など、
一緒にお散歩するだけでも、犬島に渡ってきた価値はあったと思います。

P9303751_R.JPG
「2010年のリベンジも果たせたし、『犬だけに、犬島』が言えたしな」

確かに、それが一番大きい目的だったかも…


ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

倉敷・美観地区で、クラシックな街並みを暗くなるまでお散歩!

さてさて犬さん。

豊島>直島のアート巡りでは、アートに夢中になってしまって
犬さんを放ったらかしてごめんなさい。
いい加減におうちに帰りますが、
その前にちょっとだけ寄り道です。

P4120462_R.JPG
「急に、情緒のあるとこに来ちゃったな」

ここは倉敷市の美観地区です。
倉敷川沿いの一帯に、伝統的な様式の建造物が
立ち並ぶ街並みが保存されていますよ。

P4120477_R.JPG
「川沿いの柳と桜が、白壁に映えてるじゃないか」

とても美しいですね。
日本中をこういう風にすればいいのにと、
飼い主はそこそこ本気で思っています。

P4120479_R.JPG
「やっぱりヨーロッパみたいにはいかないんだろうなあ」

ここは中橋。向こうに見えるのが、倉敷館です。
素敵な洋館の中は休憩所になってますが、
犬は入れません。

P4120493_R.JPG
「ところで、さっきから写真が微妙に暗いんだが」

美観地区に到着したのが日没寸前だったため、
どんどん暗くなるドキュメンタリー構成でお送りしています。

P4120495_R.JPG
「灯りの感じも風情があるとはいえ…」

美観地区は、犬連れで入れるお店等は特にないのですが、
お散歩しながら街並みを見るだけでも楽しめます。
周辺には駐車場がたくさんあるので、車でも気軽に立ち寄れますね。

P4120498_R.JPG
「急速に暗くなってきたぞ。そろそろ散歩は諦めたらどうだ」

もったいないから、もうちょっとだけ…
ほら、あれが有名な大原美術館ですよー

P4120500_R.JPG
「倉敷の情報や画像を求めてこのブログに来た人に謝れ」

毎度のことながら、すみません…
というわけで、ちょっと時間が足りなくて、
あんまり見て回れませんでしたね。

P4120509_R.JPG
「どうせ散歩するだけなんだから、また寄ればいいじゃないか」

そうですね。玉野から意外と近いこともわかったし、
また必ずお散歩しに来ましょう。
でも、できれば今度は大原美術館の中も見たい…

P4120499_R - コピー.JPG
「却下する」

えー…
でもやっぱり倉敷といえば大原美術館だし…
倉敷芸文館地下駐車場なら、地下だから
ちょっとぐらい車の中で待っててもらっても…

P4120466_R - コピー.JPG
「そういう我儘を言う奴は、これでも食らえ…」

そっ…その構えは…まさかあの技を…

P4120486_R.JPG
「こうして、こうやって、こうしてやる!」

ギャアァァー!すい臓がー!すい臓と、左のアキレス腱がー!!




犬さんの謎の技、ぼっけえきょうてえ!と思ったらクリック!人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ





ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

岡山県みやま公園で、桜祭り&ドッグラン&スタンプラリー!

前回は「ののちゃんち」に行きましたが、
同じ玉野市にあるみやま公園では今、
ののちゃんスタンプラリーが開催されています。
ついでなので、参加していきましょうね。

P4120370_R.JPG
「にぎやかな公園だな」

ちょうど桜が見ごろで、桜祭りが開催中なんですよ。
平日の午前中だというのに、駐車場が満車になるほどの人出です。

出店も並んでますね。

P4120449_R.JPG
「かなり広いんだな」

広い敷地内には児童公園や池、イギリス風庭園などがありるみたいですよ。
ただ、犬が入れるエリアは限られていて、このような看板があちこちに立ってます。

P4120386_R.JPG

犬連れに厳しい…?と思いきや、充実した設備のドッグランを発見!

P4120371_R.JPG

P4120436_R.JPG
「まさかのツンデレ」

平日にドッグランを使用するときは、犬さんの後ろのセンターハウスで
申し込みをします。利用料は500円なり。

この建物内には、スタンプラリーのCポイントがあります。

P4120422_R.JPG

ペタンとな。

さて、ドッグランに突撃です!

P4120373_R.JPG
「広いなー」

こちらは大型犬用のランですね。
他に、小型・中型犬用と、超小型犬用と、フリースペースがあります。
大型犬は犬さんだけなので、他の犬と一緒に遊べなくて残念ですね。

P4120384_R.JPG
「小型・中型犬用はキャッキャしてて楽しそうだなあ」

休日なら、もう少し利用も多いかもしれませんね。

汚物用のゴミ箱はなく、水洗トイレに流すようになっています。

P4120372_R.JPG

水に流せる内袋の付いたマナーバッグを持っていくといいですね。


もちろん、犬OKのエリアでは、リードオンでの散歩もできます。

広場でお散歩していたところ、犬さんがこの溝に落ちました。

P4120454_R.JPG

P4120452_R.JPG
「内緒にしてって言ったのに」

犬という動物は、もう少し危機回避能力があると思っていたのですが。


ドッグランもお散歩も満喫できたし、スタンプラリーを完成させに行きましょうか。

Bポイントのイギリス庭園は、犬連れNGなエリアにあるので
犬さんを車に置いて、ダッシュで取りに行きました。

そして、最後のAポイントは、道の駅のそばにある交通情報センター。

P4120423_R.JPG

この建物の周囲には、「ののちゃん」の4コマパネルが展示されていました。

P4120429_R.JPG
「なんか、展示方法がちょっとシュールだな」

建物内にも、「ののちゃん」コーナーが。

P4120425_R.JPG

みやま公園がモデルと思われる「見山公園」が登場するマンガもありました。

P4120427_R.JPG

さあ、スタンプラリーも完成!スタンプの絵柄もオリジナルらしいですよ。

P4120424_R.JPG

景品の引き換えは、Bポイントのセンターハウスか、Cポイントのイギリス庭園で。

景品のオリジナルグッズは秘密です!
一緒に貰える引換券を「ののちゃんち」に持って行くと、
さらにもう一つグッズを貰えるので、「ののちゃんち」に行く前に
スタンプラリーに挑戦しておきましょう。
桜はもう終わっちゃいますが、スタンプラリーは5月31日まで開催中です。

前回、「ののちゃんち」に来たのは去年の3月11日でした。
あの日を境に変わってしまったこと、終わってしまったことがたくさんある中、
ののちゃんの周囲の何も変わらないドタバタな日常にホッとしたり、
成長していく吉川ロカちゃんの姿に希望を感じた人も多いのではないでしょうか。
あれから1年以上が過ぎて、みんなそれぞれ変わらない日常を過ごしたり、
前に向かって進んだりしますが、だからってあの日のことや、
今も残る傷跡を忘れることはないんですよね。

P4120438_R.JPG
「ロカちゃん、デビューおめでとう」




タグ:Project47
ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
もんど モンド 主水 大型犬と一緒 旅行 犬同伴 わんこ OK 犬連れ