2014年03月28日

ただでさえ天使の犬に翼が…?筑後市・羽犬塚の羽犬像!

さて、犬さん。
鹿児島宮崎から、今度は福岡県にやってきました。
ここは筑後市の、羽犬塚というところです。
お茶で有名な八女の近くですね。

P1016129_R.JPG

P1016103_R.JPG
「駅前に、羽根の生えた犬の像があるが」

羽犬塚の地名の元になった、羽犬です。
犬に羽根って、こんなに似合うんですね。
古今東西、想像上の様々なキメラがいますが
その中でもかなり可愛い部類に入ると思います。

羽犬は地元で愛される存在らしく、各所に銅像があります。

こちらは、県税事務所の前の羽犬像。

P1016107_R.JPG
「躍動感がある」

羽ばたいてますね。

羽犬は、地域のキャラにもなってます。

P1016128_R.JPG

P1016097_R.JPG
「で、結局、羽犬って何なんだ」

由来としては、豊臣秀吉さんが、なんか…

P1016126_R.JPG
「なぜ口ごもる」

秀吉さんが飼っていた、羽根が生えたように跳ね回る愛犬が
九州遠征の際にこの地で死んでしまったので手厚く葬った説と、
この地で村人を襲っていた羽根の生えた犬の怪物を
秀吉さんが大軍を率いて退治し、死体を葬った説という
正反対の2説があるそうなんですよ。
さらに、ネットで検索すると、
琉球などの言葉で「南の」を意味する「はいぬ」に由来する説もあって、
もう何が何だか。

P1016071_R.JPG
「その中なら、愛犬説がいいな」

銅像やキャラクターも、可愛い感じの姿なので、
愛犬説が主流なんだと思います。

こちらの羽犬塚小学校の前の羽犬像の説明も、愛犬説のみです。

P1016116_R.JPG
「こっちも、躍動感があるな」

P1016119_R.JPG

今まさに天から降り立ったような感じですね。

小学校の北側にある宋岳寺には、羽犬を葬った塚が残ってるそうです。

P1016124_R.JPG
「愛犬であれ、怪物であれ、羽犬さんどうぞ安らかに」

最後の羽犬像は、駅の北西側、市民の森公園というところにありました。

P1016066_R.JPG
「一番大きくて、アーティスティックだな」

以前は羽犬塚駅の前に置かれていたものだそうです。
この羽犬は、どちらかといえば村人を襲ってそうかも。

P1016068_R.JPG

P1016087_R.JPG
「ここ、広くて綺麗な公園だな」

桜も満開できれいですね。

P1016072_R.JPG

無料の駐車場もあるし、ここから全ての羽犬像を巡ると
全部で3kmほど、大型犬にはちょうどいいお散歩になる距離です。

観光スポットというほどではありませんが、
機会があれば立ち寄って、羽犬伝説に思いを馳せ、
愛犬に羽根が生えた姿を想像して萌えてみてはいかがでしょうか。

P1016094-w_R.jpg
「全ての犬は天使である」


羽根の生えた猫は翼猫と呼ばれるそうです。
画像検索したら実物が見られますが、その前にクリック!
人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ

タグ:Project47
ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

福岡のど真ん中、天神あたりをお散歩!

さて、犬さん。大宰府天満宮で綺麗な梅を堪能しましたが、
帰りに福岡シティにも寄り道です。

IMGP3554_R.JPG
「ここは天神駅だな」

福岡のど真ん中にある繁華街ですね。
夜になれば、この駅前にも名物の屋台が立ち並ぶはずです。

駅のすぐそばに、天神中央公園という公園がありますよ。

IMGP3545_R.JPG
「こういう、上が細い形状の柱はエンタシスといって、古代ギリシャ発祥の…」

それで、結局これ何でしょうね。公園の中に急にありましたけど。

IMGP3551_R.JPG
「知らんがな」

天神とギリシャ、関係なさそうだけどなあ…

IMGP3548_R.JPG
「こっちには、何かモジャモジャしたピラミッドみたいな建物がある」

アクロス福岡という複合施設のビルみたいですね。
屋上緑化の域を超えて、階段状の外壁に樹木や草花を植え、
滝まで流して本格的な庭園にしちゃってるそうです。
階段を登って見学できるみたいですが、
残念ながらペット連れでは登れません。

IMGP3557_R.JPG

公園は橋の向こうの中州まで続いてるみたいですよ。

IMGP3560_R.JPG
「良さげな建物が見えてるな」

この橋からは、博多ポートタワーも辛うじて見えてます。
ちょっと、大阪の道頓堀あたりに雰囲気が似てますね。

IMGP3563_R.JPG

で、この素敵な洋館は福岡県公会堂貴賓館。
1910年に完成したフレンチ・ルネッサンス様式の迎賓館で、
貴重な明治建築として重要文化財に指定されています。

IMGP3564_R.JPG
「さっきのエンタシスの意味が、なんとなくわかったぞ」

明治時代に洋風建築が多く造られて、
その名残が残るエリアなんですね。

貴賓館は内部の見学ができる他、
オープンカフェなんかもあるみたいですね。

IMGP3569_R.JPG
「お洒落ルネッサンスだなあ」

ここから「であい橋」を渡ると、中州です。
夜遊びはお任せの、一大繁華街ですね。

IMGP3573_R.JPG
「犬連れには、あんまり関係ないエリアだな」

…と、思ってたのですが、実はこのすぐ近くに
ドッグサロン&ドッグカフェがあるみたいですよ。


スナックがひしめき合う雑居ビルと瀟洒な小料理屋、
新しめのお洒落なお店が混在する細い路地の奥にある
こちらのwanpark(ワンパーク)西中洲店さんです。

IMGP3543_R.JPG
「その分類だと、ここは”新しめのお洒落な店”かな」

店内もお洒落ですね。

IMGP3516_R.JPG

ランチタイムが16時までで、充実のランチメニューが全品780円。
犬用メニューもこだわりの無添加レシピで全品500円と
かなりお財布に優しい感じになってます。

飼い主は、迷いつつもオムライスセットをチョイス。

IMGP3524_R.JPG
「うまそうじゃないか」

犬さんのも、とっても美味しそうですよ。
こちらも迷いましたが、ロールチキンと三食団子を頼んでみました。

IMGP3531_R.JPG

犬用と分かってても、思わず食べたくなってしまうほど。

IMGP3532_R.JPG
「はやく」

はい、どうぞ。味わって食べてくださいよ。

IMGP3533_R.JPG
「ふいー」

早い!

野菜たっぷりなので、肉食系男子の犬さんにはどうかな?と思いましたが
美味しそうに食べてましたね。

IMGP3534_R.JPG
「しかし、500円の犬用メニューが2品で、ランチセットが780円って…」

あっ。犬さんの方が、高いもの食べてますね…
まあ、たまにはこんなのもいいでしょう。

こちらのワンパークさん、併設のドッグサロンでは
トリミングはもちろん、カラーリングやエクステ、泥パック、
ネイル(もちろん全て、”犬の”ですよ!)までできちゃうみたいです。
ドッグホテルも、VIPルームがあったりと充実しているので
福岡観光の間、ペットを預けたりできそうですね。
ホテルは月極め契約もあるので、保育所的な使い方もできるみたいです。


というわけで犬さん。天神での寄り道はいかがでしたか?

IMGP3576_R.JPG
「大都会の繁華街だが、意外と犬の散歩もいけるエリアだった」

素敵な公園にドッグカフェもあり、他の犬にもたくさん会えましたね。
次に来る時は屋台にも挑戦してみたいです!

さて、帰る前に、福岡新宮IKEAで52700円ほど散財しに行きますよ!



飼い犬よりもエンゲル係数の低い人はクリック!人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ

ニックネーム 飼い主 at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リベンジ達成!梅が咲いたぞ、大宰府天満宮!

というわけで犬さん。
防府天満宮に続き、大宰府天満宮にやってきました。

IMGP3511_R.JPG
去年は、同じコースでどっちも梅が見られない天丼をやらかしたからな」

今年は既に防府で見られたし、大丈夫そうです。

参道もすごい人ですね。
梅が枝餅のお店も大繁盛です。

IMGP3428_R.JPG
「行列の出来てる店とそれ以外の違いが知りたいな」

参道では、こちらのスタバのお店も有名ですね。

IMGP3496_R.JPG
「割り箸でこしらえたのかな」

失礼なことを言わないでください。
こちらは建築家の隈研吾氏が手掛けた建物で、
自然素材による伝統と現代の融合という素晴らしいコンセプトのもと、
木のぬくもり、伝統的な木組みの構造、そしてこの斬新で
モダンな外観を併せ持つ店舗が誕生したそうですよ。

特徴的な木組みは店内までシームレスに続いていて
ダイナミズムを感じます。現代彫刻みたいでかっこいいですね。

IMGP3482_R.JPG

というわけで、お洒落なスタバでお洒落休憩です。
飼い主はさくらホワイトチョコレートフラペチーノ。
犬さんにはお水をあげましょう。

IMGP3484_R.JPG

IMGP3483_R.JPG
「今日は暑いからなあ」

20度を超えるという噂が出ています。

IMGP3495_R.JPG
「まじか。ギリギリだけど2月なのにな」


というわけで、天満宮に着きましたよ。
梅、綺麗ですねー。

IMGP3432_R.JPG
「あれ?気のせいか飼い主、早くも飽きてないか?」

同じ天満宮で観梅ハシゴですからね…

でも、本当に満開で見応えがありますよ。
太宰府天満宮は、約6000本の梅が植えられていて
中でも本殿の前にある「飛梅」が有名ですね。

IMGP3465_R.JPG

本殿のあるエリアには犬は入っちゃいけないので、
我々は梅園の方へ行ってみましょう。

IMGP3441_R.JPG
「こっちもすごい人出だ」

梅園には茶店がたくさんあって、縁台の席なら
犬連れでもお茶できそうですね。
焼きたての梅ヶ枝餅や名物の甘酒がいただけたりするみたいですよ。

IMGP3445_R.JPG

IMGP3451_R.JPG
「…スタバじゃなかったんじゃないのか」

…スタバじゃなかったですね。
また来ないといけないかも。

IMGP3466_R.JPG
「まあ、何度来ても良い所だしな」

雰囲気のいい神社と梅園、活気のある参道が揃っていて
毎年来たくなっちゃいますね。

IMGP3454_R.JPG


さて犬さん、今年の梅はいかがでしたか。

IMGP3457_R.JPG
「梅を愛した菅公ゆかりの、歴史ある天満宮で観る梅は格別だな」

IMGP3436_R.JPG
「数千本の満開の梅を堪能できて、春のとなりの近きなりけり」

とぞ。


未だにスタバのレジで戸惑いがちな人はクリック!人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ


タグ:Project47
ニックネーム 飼い主 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
もんど モンド 主水 大型犬と一緒 旅行 犬同伴 わんこ OK 犬連れ