2013年02月28日

リベンジ達成!梅が咲いたぞ、防府天満宮!

さて、犬さん。
早いもので、もう2月も終わり。
そろそろ梅の花が見ごろのはずなので、
山口県の防府天満宮まで来てみました。

IMGP3345_R.JPG
「何か、嫌な記憶の甦る出だしだな」

昨年の2月22日にも来たのですが、
早すぎて全く梅が見られない状態でしたね。


でも、今年の飼い主は一味違いますよ。
ほら、見てください!

IMGP3348_R.JPG
「おっ」

満開ですよ!お天気もいいし、とても綺麗ですね!

IMGP3355_R.JPG

IMGP3406_R.JPG
「ネタ的には、もう一回空振った方が面白かったと思うが」

そういうの、もう要りませんから!

天神山公園から見下ろす梅林も、去年とは全然違います!

去年。
P2220701_R.JPG
「カラッカラだ」

今年。
IMGP3360_R.JPG
「紅梅に白梅に、綺麗だなあ」

防府天満宮は、るるぶのデータ的には犬連れOKなのですが
一応、本殿のあるエリアは犬さんは遠慮しておきましょうね。

IMGP3376_R.JPG

飼い主だけ手短に参拝してくるので、ちょっと待っててください。

IMGP3379_R.JPG
「何この疎外感」


お待たせしました。
牛さんの周りも梅が咲き誇って綺麗ですね。

IMGP3383_R.JPG
「飼い主、念入りに頭を撫でておけ」

そうですね。賢くなれますように…

IMGP3386_R.JPG

IMGP3389_R.JPG
「この辺りは、しだれ梅が多いエリアだな」

なんかちょっと、中国っぽい風景ですね。

防府天満宮には、菅原道真公の愛した梅の木が
16種1100本も植えられてるそうです。
梅まつりは3月3日までですが、花はもう少し楽しめそうですね。

犬さん、1年越しの梅の花はいかがでしたか?

IMGP3352_R.JPG
「バルーンフェスタに続いて、リベンジ達成だな」

この調子で、他のリベンジもどんどん果たして行きましょう。
手始めに、この流れであそこに行っちゃいますよ!

IMGP3400_R.JPG
「勝ち癖を付けることが大切だからな」

その通りです。
というわけで、続く!

「面白きことも無き世を面白く」を座右の銘にしてる人って
面白くない人が多いと思うのですがどうでしょう。
どうでしょうと言われても…と困ったらクリック!
人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ

ニックネーム 飼い主 at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

水の上にも織る錦!山口県・錦帯橋をお散歩!

さて犬さん。
関門海峡を越えて、山口県に戻ってきました。

あっちにあるのは、有名な錦帯橋です。
山の上には、岩国城も小さく見えていますよ。

IMGP3097_R.JPG
「錦帯橋って、山口県にあるのか」

広島だと思ってる人が多いですが、山口県の岩国市ですよ。

錦帯橋は、1674年に錦川に架けられたという
5連のアーチから成る橋です。
渡るのには通行料が必要です。往復300円。
犬連れでも、一緒に渡れますよ!

IMGP3115_R.JPG
「アーチの連なる感じが面白いな」

錦川は、風光明媚で水も綺麗な川ですね。

IMGP3121_R.JPG

IMGP3120_R.JPG
「川沿いは桜並木になってるっぽいぞ」

夏は鵜飼が行われるそうなので、
季節ごとに違った楽しみ方ができそうですね。


橋を渡った先は、吉香公園という広い公園になっています。
大きな噴水とかがあって、雰囲気がいいですね。

IMGP3135_R.JPG
「これは気持ちいいな」

さらに奥には、紅葉谷という公園があるみたいです。

IMGP3163_R.JPG
「ちょうどいいから、紅葉狩りでもしていくか」

ねえ♪紅葉狩ーりーは素敵さー♪

IMGP3141_R.JPG
「ただ、生きて帰れたーらーねえ♪」

紅葉のピークには、もう後一歩という感じですね。

IMGP3149_R.JPG
「いや、こういう染まりかけのグラデーションが良いんだろう」

日本庭園的な風景が続いていて、落ち着きますね。

IMGP3144_R.JPG
「きれいだなあ」

この先の登山道を2〜3kmほど登ると、
山の上にある岩国城まで行けるみたいです。
さっきの吉香公園からロープウェーが出てるのですが、
犬はロープウェーには乗れません。
犬連れの場合はこちらの登山道で行くことになりますが、
行ったところで犬連れではお城に入れないし、
飼い主はサンダル履きなので登山はパスです。

IMGP3152_R.JPG
「お前はいつまでサンダルで通す気なんだ」

もう少し頑張ってみようかと…


さて、再び橋の方へ戻りますよ。

こちらには、佐々木小次郎さんの銅像がありますね。

IMGP3182_R.JPG
「アウー」

言わずとしれた宮本武蔵のライバル、佐々木小次郎ですが
吉川英治の小説版「宮本武蔵」では
佐々木小次郎が岩国市の出身とされ、
錦帯橋で「秘剣・燕返し」を編み出したと描かれているものの
それはあくまで小説のお話で、史実はよくわかってないそうです。
でも、巌流島のある関門海峡を挟んで山口県や福岡県には
佐々木小次郎ゆかりの地とされている場所がたくさんあるんですよね。

IMGP3178_R.JPG
「しかし、バガボンドは進むのが遅くて単行本派には拷問だな」

単行本が出るたびに最初から読み返さないと意味わからなかったりね。


錦帯橋のたもとまで戻ってきました。
こちらには、槍倒しの松という、
遮断機のように横に幹を伸ばした松の木があります。
よその大きな藩から来た大名の大名行列が、
岩国藩を見くびって捧げ持った槍を倒さなかった
(非礼な行為らしいです)のに腹を立てて、
嫌でも槍を倒さないと通れないように
この松を植えたと言われているそうですよ。

IMGP3186_R.JPG
「根本的な解決にはなっていないが、誰も損しない対処法とも言えるな」

昔の人の知恵って、こういうのですよね。


というわけで、日本の誇る名橋、錦帯橋を渡ってみました。
犬さん、いかがでしたか?

IMGP3192_R.JPG
「こういう歴史を感じる場所で見る紅葉は格別だな」

和の気分に浸れましたよね。
続いてはお隣の広島県で、あの世界遺産を見に行きます!


ヤリ倒しの松、と書くと、急に不穏当な響きになることに
気づいたたらクリック!
人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ





おまけ。
ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

下関でふっくふく!旅籠屋に泊まっちゃうよ!

防府天満宮大宰府天満宮では梅が見られず残念でしたが
それはそれとして、フグを食べに下関にやって来ましたよ。

P2230834_R.JPG
「昼過ぎだが、唐戸市場はもう閉まってるな」

市場は朝が早いですからね。
でも、どっちにしても犬連れでは見学できませんよ。

外からでもちらっと見えてる大きなフグは、
マスコットの「フクマネキン」。

P2230835_R.JPG

こちらでは、「フグ」が「不遇」っぽくて縁起が悪いので
「福」っぽく、「フク」と呼ぶそうです。

唐戸市場の2階にある回転寿司は美味しいらしいですよ。

P2230868_R.JPG

市場の隣には、カモンワーフという観光&商業施設があります。
関門海峡に面したボードウォークや、
山口県の名産品&市場直送の海産物が楽しめる飲食店、
そしてお土産物屋さんなどがあります。

P2230845_R.JPG
「これでもかというほど、フグ推しだな」

唐戸市場の裏側にも、フグの像がありますよ。
手前の皆さんは、「ふくろ競り」をしているところだそうです。
他の業者に分からないように、
袋の中で指を握って値段を提示するんですね。

P2230859_R.JPG
「なんでこんな、おもちゃの兵隊みたいな色と質感なんだ」

WWIIジオラマの中に、そっと混ぎれ込ませておきたいですね。

他にも、フランシスコ・ザビエル上陸の記念碑なんかもあります。

P2230844_R.JPG
「斬新な髪型以外にも、色々業績のある人なんだな」

海沿いの遊歩道って、開放感が気持ちいいです。
関門海峡、意外と狭いなーとか思いながら、
対岸の門司の街を眺めてぼんやりするのもいいですね。
夜はきっと、夜景も綺麗です。

P2230857_R.JPG
「巌流島へのフェリーもあるぞ」


さて、飼い主はふぐ料理をいただきに行きますが、
もちろん、犬の入店OKなふぐ料理屋なんてありません。
犬さんには、車かホテルで待っててもらうことになるのですが・・・

P2230861_R.JPG
「ダッシュで行って3秒で完食してこい」

山口県には大型犬と泊まれるホテルが少なく、
「楽天トラベル」や「ホンダドッグ」で探したのですが
下関ではペットOKなホテル自体見つけられませんでした。

P2230867_R.JPG
「下関に来てから探してる時点で、色々問題があると思うが」

ネットで検索していて、偶然見つけたのが、こちら。
ファミリーロッジ旅籠屋さんです。
ロードサイドホテルの全国チェーンらしいです。

下関の壇ノ浦PAにも支店があり、高速道路(下り線のみ)と
一般道の両方から入ることができます。

P2230783_R.JPG
「本当に、PAの中にあるな」

お部屋は意外と広いです。お風呂とトイレも別だし。

P2220755_R.JPG

P2220758_R.JPG

P2220759_R.JPG

ただ、使い捨てのアメニティは無いので、
歯ブラシなどは持っていくか、フロントで買うシステムです。

ラウンジには無料のコーヒー・お茶があるし、
朝食の時間にはパンとオレンジジュースも置かれていて
自由に食べたり、部屋に持って帰ったりできます。
トースターやポット、電子レンジがあるのも便利でいい感じ。
お腹がすいたら、PAのレストランや売店、コンビニもあるし。

P2220774_R.JPG
「しかも、ペットOK」

はい。利用規約をよく読んで、マナーを守れば
大きさや種類に関係なく、ペットと同室宿泊できます


車で旅行するのが好きな人なら、高速道路のSA/PAや
国道沿いなんかで、旅籠屋さんの黄色いクマの看板を
見かけたことがあると思いますが
ペットOKであることはあまり宣伝していないので
まだまだ知らない人が多いと思います。
全国チェーンなので、覚えておくと便利なのでは?
野宿や車中泊が避けられるかもしれませんよ!

P2230863_R.JPG
「普通の大人は、ちゃんと計画立てて予約してから旅行に出発するの!」

気になる料金は、なんと犬猫の場合、
1匹につき、人間1人と同じ料金が加算されます。
飼い主と犬さんで泊まる場合、2人分の料金ということ。
でも、そもそもが1人1泊4千円台と激安なので、
普通のビジネスホテルに泊まったぐらいの値段です。
フロントのお姉さんの「ワンちゃんも家族の一員なので」
という料金説明も、苦笑いで済ませられますね。

P2230864_R.JPG
「実際、ペットが泊まったら掃除も念入りにするだろうし、
 人間より高くていいぐらいだと思うが」

そうですね。部屋も快適だったし、
ホテルで焼いてるという朝食のクロワッサンも美味だったし、
トータルでとってもお安いと思います。

ただね、高速道路って、距離に応じた
制限時間があるらしいんです。
PAの中で1泊すると、入口から出口までの距離にかかる
時間と比べて極端に長く高速内にいたことになるわけで、
ETCが異常と判断して開かなかったりするとか。

なので、旅籠屋さんの客室内には
「ETCの場合でも、有人の料金所を使ってください」という
注意書きがあります。
ETCで入っても、料金所の係員さんにカードを渡せば
手動で処理してもらえますからね。

で、飼い主もそうしたんですが、案の定
料金所の人に「えらく時間かかってるけど」と言われ、
「壇ノ浦PAの旅籠屋さんで1泊しました」と言ったんですが
何度も聞き返され、結局あんまりピンと来てない感じで、
ナンバー控えられたりしました。この間ずっとタメ口だし。

高速のPA/SAで泊まれるのって便利だなーと思ったんですが
その度にああいう感じになるなら、ちょっと嫌かも。
ていうか、飼い主はETCしか使ったことがないので知らないんですが
高速の料金所の人って、全員あんな感じ?

P2230866_R.JPG
「それは多分違うし、旅籠屋さんは何も悪くない」

まあ、そうなんですけどね。


壇ノ浦PAは、関門海峡と関門大橋が間近で見られます。

P2230788_R.JPG
「写真が下手!木、邪魔だろ!」

あと、なんか巨大なタイヤを運ぶトラックが来て
ツボにはまったので記念写真を撮っておきました。

P2230776_R.JPG

P2230777_R.JPG
「シュール・・・」

周りの人たちも半笑いで見物に行ったので、
大きさが比較できますね。

P2230779_R.JPG
「何の車輪なのか、訊きたかったなあ」

ぐるんぱが作っちゃったやつかもしれません。


下関のお土産は、カモンワーフで買った
ひれ酒用のふぐのヒレと、日本酒の「獺祭」。

P2241004_R.JPG

このお酒、おいしいんですよねー!自分用とお土産用に
買い込んでおきました。

それと、表情がかわいいフグの土鈴です。

P2241002_R.JPG
「顔文字みたいな顔だ」

C(◎。◎)Эこんな感じ?



わっこら、わっこら鳴く犬を飼ってる人はクリック!人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ

ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
もんど モンド 主水 大型犬と一緒 旅行 犬同伴 わんこ OK 犬連れ