2013年03月16日

犬さんと一緒に箱根その二!黒玉子&お泊り!

さてさて、犬さん。
箱根の関所を越えて、甘酒で一服したところで
箱根山の上まで来てみましたよ。

ここは大涌谷というところです。

IMGP3841_R.JPG
「ここから見る富士山も綺麗だな」

大涌谷は火山の噴煙地らしいです。
あちこちから白い蒸気が噴出していますね。

IMGP3850_R.JPG
「硫黄の匂いが物凄い」

この地熱を利用して作られているのが、名物の黒玉子です。

IMGP3855_R.JPG

温泉の硫黄成分と鉄分が反応して硫化鉄になって
卵の殻が黒くなるとか。
飼い主は大学卒業まで化学に苦しめられたので
詳しい説明は勘弁してください。

IMGP3872_R.JPG

本当に真っ黒ですね。中身の白身と黄身は
普通に白と黄色なので、ソリッドなツートンカラーが
絶妙に食欲をそそりません。

IMGP3875_R.JPG

IMGP3877_R.JPG

加熱した卵なので、犬さんも食べられますね。
一緒にいただきましょうか。

IMGP3878_R.JPG
「普通のゆで卵だが、味にコクがあるような気がしなくもない」

黒玉子は健康に良いそうで、
1個食べると7年寿命が延びると言われています。
大涌谷の売店では5個入りでしか買えないので
お昼ご飯替わりに全部食べてしまった結果、
飼い主が21年、犬さんが14年伸びましたね。

IMGP3885_R.JPG
「コレステロール的に、逆に寿命縮んでないか?」

ちなみに、黒玉子が作られている場所までは
卵専用のゴンドラで卵を運んでいるそうです。

IMGP3882_R.JPG

IMGP3862_R.JPG
「人間も、ロープウェイで大涌谷まで来れるんだな」

富士山を見ながらロープウェイで運ばれて
箱根山の温泉に入って玉子肌になるわけですね。


飼い主も温泉に入りたいので、
今日は箱根の大型犬と泊まれる宿で一泊していきましょう。
小涌谷にあるドッグ レスト プレイス Dog's Rest Placeさんです。

IMGP4207_R.JPG
「別荘地の中にあるんだな」

静かな環境で落ち着きますね。

2011年にできたばかりの新しいお宿で、
オーナーご夫妻も素晴らしく良い方たちで
看板犬ちゃんトリオもみんな良い子で可愛かったです。
犬さんも甘えまくってしまいました。

お部屋は和室+洋室で広々です。

IMGP4167_R.JPG

備品の犬グッズはトイレ、トイレシート、消臭スプレー、
コロコロ、ご飯皿&水皿。大き目のケージもありました。

IMGP4168_R.JPG

温泉は、露天風呂のある方とない方が
日替わりで男湯と女湯になっているので
夜と朝の両方入りましょう!
もちろん犬はお風呂には入れませんが、
小型犬までなら犬用の温泉施設が近くにありました。

食事を部屋食にできるのが、飼い主的にポイント高いです。
お手本的な温泉宿のお食事という感じですね。

IMGP4171_R.JPG

箸置きがダックスフントなのが可愛いです。

IMGP4174_R.JPG

メインは鳥すき+陶板焼でした。おいしそう!

IMGP4172_R.JPG

IMGP4173_R.JPG
「…」

部屋食なので誰も見てないし、特別ですよ。

IMGP4185_R.JPG
「刺身だけで勘弁してやろう」

館内には、室内ドッグランもありますよ。

IMGP4200_R.JPG

IMGP4191_R.JPG
「けっこう広くていいじゃないか」

おもちゃが置いてあるのも嬉しいですね。

IMGP4189_R.JPG

IMGP4204_R.JPG
「犬連れなら、富士家ホテルよりこっちだな」

向こうはドッグラン無いですからね…


というわけで犬さん、箱根をウロウロしてみましたが
いかがでしたか?

IMGP3815_R.JPG
「ドラえもんから始まって、色々盛りだくさんだったな」

本当はまだまだ見どころが多いし、
犬と一緒に楽しめる場所もこれだけではないのですが
それは次に来た時のお楽しみということにして
次行きましょうか。

IMGP3732_R.JPG
「まだウロウロするつもりか!」


黒玉ベアーのぬいぐるみ、1680円はたっけえ!と思ったのに
可愛いので魅入られるように買ってしまいました。
知るか!と思ったらクリック!
人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ


IMGP4532_R.JPG

タグ:Project47
ニックネーム 飼い主 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬さんと一緒に箱根その一!関所を通って旧街道で一服!

というわけで、犬さん。
箱根ではたくさんのドラえもんに会えましたが、
もちろん箱根はドラえもんだけではありません。

IMGP3736_R.JPG
「誰もそんなこと思ってないだろう」

せっかくなので、時間の許す限り観光していきましょうね。

まずは芦ノ湖岸の元箱根から。
富士山が綺麗にみえちゃってますね!
箱根神社の鳥居がアクセントになってます。

IMGP3728_R.JPG
「冨嶽三十六景にも描かれた、鉄板の風景だな」

このすぐ近くにあるのが、箱根の関所です。
実は、前回来た時
「犬は入れない」という事前情報があったので
入口だけ見て引き返し、このブログにもそう書きましたが
今回、お散歩中の地元の犬が関所から出てくるのを目撃。
尋ねてみると、通り抜けるだけならOKとのことでした。

IMGP3741_R.JPG
「お言葉に甘えて、通り抜けてみるか」

関所は二つの門の間を道が通っていて、
その両側に番所や牢屋などの関所関係の建物が再現されています。
こうした建物が博物館として公開されているみたいですね。

IMGP3742_R.JPG

飼い主と犬さんが行ったのは早朝だったので、
もしかしたら博物館の開館時間中は
ペット同伴では通り抜けもNGかもしれません。
これから犬連れで行く人は、
ちゃんとスタッフさんに確認してくださいね。

IMGP3746_R.JPG
「犬嫌いの人もいるから、人が多い時は遠慮しないとな」

以上、犬さん奉行からのお達しでした。


関所のそばには、恩賜箱根公園があります。
こちらは犬の散歩もOKと確認済みです。

IMGP3748_R.JPG
「前回来た時はスルーしたから、散歩していこう」

元々は皇室の離宮だった場所に
戦後すぐに造られた公園みたいですね。

小高い丘になっていて、芦ノ湖が見下ろせる頂上には
かつての離宮っぽい建物だという展望館が建っています。
建物の中は犬は入れませんが、
展示室や喫茶店があるみたいですよ。

IMGP3757_R.JPG
「実際はもっと重厚で贅沢な建物だったのだろうな」

入口のガラスに富士山が映ってるのがわかりますか?
真正面に富士山が見えてるんですよ!

IMGP3752_R.JPG
「こんな別荘、ジャンボ宝くじが当たっても買えないな」

ですね…

でも、恩賜箱根公園は無料で入れて犬の散歩もOKなので
自然いっぱいの公園と芦ノ湖&富士山の風景を
思うさま楽しむことができますよ。

IMGP3759_R.JPG
「この先は通行止めか」

二百階段という、長い階段があるみたいですが
冬場は雪が残ってたりして危ないので立ち入り禁止です。
箱根は標高が高いので、3月でもまだ寒いですからね。


さて、関所も無事通過できたことだし、
旧街道に沿って箱根山を登ってみましょうか。

IMGP3789_R.JPG
「杉並木が、いい雰囲気だ」

石畳が残っているところもありますが、
街道というか、普通に山道ですね。
イノシシとかも出るみたいです。

IMGP3794_R.JPG
「万丈の山と千尋の谷が連なる難所だからな」

「箱根八里」ですね。
そんな険しい道のりを旅する人々のために、
街道沿いには多くの茶店が軒を連ねていたそうです。
今も一軒だけ残っているのが、こちらの甘酒茶屋さん。
なんと400年の伝統を持つ老舗だそうですよ。
我々も、ここらで一休みしていきましょう。

IMGP3806_R.JPG
「車で来てるから、全く疲れてはいないが」

甘酒茶屋さんは、外の縁台なら犬連れでもOKです。

IMGP3767_R.JPG
「和風の店構えが素敵じゃないか」

犬さん、妙に似合ってますね…
ここのお店の犬みたいですよ。

名物の甘酒と力餅をいただきます。

IMGP3779_R.JPG
「雰囲気に合ってて、うまそうだな」

この甘酒、砂糖を一切使わない伝統の製法で作られてるそうで
砂糖やハチミツで味付けされたいわゆる甘酒を想定して飲むと
口がビックリしてしまいます。
炭水化物のほんのりした甘味と、酵母の香りのみですね。
焼く前のパン生地をお湯で溶いて飲んだみたいな…

IMGP3774_R.JPG
「例えが下手にもほどがある」

でも、一緒に出されるきゃらぶきを食べつつ飲むと
だんだん甘味が感じられるようになってきます。
これは多分、ここでしか味わえないオンリーワンの味ですね。

IMGP3785_R.JPG
「甘酒も力餅も、山越えの栄養補給には超合理的だぞ」

昔の人の知恵が受け継がれているわけですね。
車移動の現代人には、オーバーカロリーな気もしますが…


さて、富士山を眺めながら関所を通り、
街道沿いの茶店で和の気分に浸れましたね。
次はさらに箱根山を登っていきますよ!

IMGP3749_R.JPG
「箱根八里は犬でも越すのか、乞うご期待」

タグ:Project47
ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

箱根がドラえもんだらけ!犬さんmeetsドラえさんが実現!

さてさて、犬さん。
川崎市三浦半島横浜と巡り、今度は箱根です。
これが全部神奈川県ですからね。盛りだくさんな県ですね!

IMGP3711_R.JPG
「横須賀も鎌倉も湘南・江の島も相模湖も全部神奈川だ」

ポテンシャルが半端ないなあ…

ここは芦ノ湖岸の、元箱根港のあたりです。
前回、箱根に来た時にも立ち寄りましたね。

IMGP3714_R.JPG
「湖なのに、港があるんだな」

海賊船みたいな見た目の遊覧船が運航してるみたいです。
今は早朝なので、遊覧船の発着所も閉まってますが
中をそっと覗いてみてください。

IMGP3718_R.JPG

IMGP3717_R.JPG
「ドラえもんがいる!」

はい。実は今、箱根全域と小田急小田原駅、新宿駅で
ドラえもん100展というイベントが行われていて、
各所で合計100体のドラえもんフィギュアが展示されています。

飼い主は藤子・F・不二雄ミュージアムに引き続き、
ドラえもん三昧を企ててやって来ました。
犬さんは、ミュージアムのドラえもんには会えなかったから
初対面ですね。

IMGP3716_R.JPG
「対面っていうか、覗き行為だが」

今は営業時間外ですから…でも、中に入れる時間帯でも
建物の中は、多分犬NGだと思うんですよね…


元箱根から関所をこえて少し歩くと、箱根町港があります。
遊覧船は、元箱根港と箱根町港の間で運行してるみたいですね。

IMGP3740_R.JPG
「この洋風の船、箱根の景観から浮いてるよな」

犬さん、それ、多分言っちゃいけないやつです。

箱根町港の建物の中にも、ドラえもんがいますよ。

IMGP3737_R.JPG

IMGP3739_R.JPG
「待ってくれ。なんかちょっと、悲しくなってきたんだが」

暗い建物の中を覗き込んで、完全に不審者ですね…
もっと、堂々とドラえもんと対面できる場所に移動しましょう。


というわけで、箱根ロープウェイの桃源台駅に来ました。

IMGP3761_R.JPG
「大涌谷とか強羅の方まで、このロープウェイで行けるみたいだな」

ここはドラえもん100展のメイン会場で、
フィギュアの数も各地の会場の中で一番多いんですよ。

IMGP3765_R.JPG
「わあ、いっぱいいる…」

引いちゃうぐらいの数がいますね。
桃源台駅の駐車場に作られたこの特設会場には、
60人のドラえもんが待っています。
犬さんと一緒に入れるのか心配でしたが、
スタッフの方に聞くとOKでした!

IMGP4208_R.JPG
「全部、持ってるひみつ道具も表情も違うんだな」

すごくバラエティに富んでて楽しいですね!
知ってるひみつ道具を見つけると、
漫画やアニメのエピソードが蘇ってきます!

IMGP4217_R.JPG
「飼い主は、一番欲しい秘密道具は何だ」

ひみつ道具より、子守用ネコ型ロボット(友達タイプ)、
つまりドラえもんが欲しいです!
黄色くて耳がある量産型でもいいから欲しい!

IMGP4214_R.JPG
「飼い主の友達の少なさが如実に表れてるな」

でも、本当に魅力的なキャラクターだと思いませんか?

IMGP4218_R.JPG

1969年の初登場以来、世界中でいったい何人の子供たちが
ドラえもんに育ててもらったのでしょうか。
こんな優秀な子守り用ロボットは、
現実世界では22世紀になっても現れないでしょうね。

あっ、このひみつ道具、犬さんとカラーリングが似てますよ!
首輪の色まで一緒(笑)
ひみつ道具とかぶってやんの(笑)うけるー!

IMGP4222_R.JPG
「…飼い主、ちょっとこっちに来てみろ」

何ですか?じゃあ、一緒に記念写真撮りましょうか。

コピー 〜 IMGP4223_R.JPG
「お前も、パーカーの色がドラえもんなんだよ」

奇跡的な写真が撮れてしまいましたね…

この特設会場は、スタッフの方が常駐しておられます。
ドラえもん情報やひみつ道具情報を教えて下さったり
記念写真を撮って下さったりで有難かったです。


さて、桃源台駅の駅舎内にも、23人のドラえもんがいます。
駅舎内なので犬はダメか?と思いましたが、
駅員さんに確認すると「他の人の迷惑にならないようにね」
ということで、犬同伴OKでした!

IMGP4241_R.JPG
「こっちも壮観だな」

IMGP4226_R.JPG
「これ知ってる。Yロウだ」

賄賂という言葉を知る前にYロウの話を読んで、
後に「あー!」となった人、たくさんいるみたいですね。

駅には猫さんもいましたよ。
すごく怒ってますね。

IMGP4249_R.JPG

もちろん、原因は犬さんです。

IMGP4251_R.JPG
「駅の中にちょこんと座ってた時はとても可愛らしかったのだが」

写真を撮ろうと、犬さんを連れて近づいたらこの有様ですよ。


さて、箱根山の上の方まで登り、強羅公園に来てみました。

ここには2人のドラえもんがいますよ。

IMGP3808_R.JPG
「入口を入ってすぐに、いきなりいたぞ」

言い忘れてましたが、全てのドラえもんのそばには
ナンバーとQRコードが表示されていて、スマホで読み込むと
そのドラえもんの持っているひみつ道具の解説と
それにゆるーく関連した箱根情報が表示されます。

IMGP3812_R.JPG

IMGP3813_R.JPG

表示したひみつ道具は記録され、
このようにコレクションされて後で見返すこともできますよ。

IMGP4256_R.JPG

IMGP4253_R.JPG
「スタンプラリーとか、ポケモン図鑑的な楽しみ方だな」

そんな感じですね。
さっきの桃源台駅だけで、けっこうコレクションできましたよ。

強羅公園のもう1人は、タイムふろしきを持ったドラえもんです。

IMGP3818_R.JPG
「日よけがあるのが、なんかカワイイな」

お地蔵様的な扱いですね。


ドラえもん100展では、他にも小田急や箱根登山鉄道、
箱根ケーブルカーなどの駅でもドラえもんが待っています。

犬連れとしては利用客の多そうな駅は遠慮しておきますが
春休みのお子様なんかには
すごく楽しめるイベントなのではないでしょうか。

IMGP4242_R.JPG
「箱根自体も楽しいスポットが色々あるしな」

そうですね。では我々も、箱根でもっと遊んで帰りましょう!

IMGP3826_R.JPG
飼い主が遊んでいる間も、時間は流れつづけてる。
 一秒もまってはくれない。
 そして流れ去った時間は二度と帰ってはこないんだぞ



最後の名言、大人になると沁みるなあ…と思ったらクリック!人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ

ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
もんど モンド 主水 大型犬と一緒 旅行 犬同伴 わんこ OK 犬連れ