2012年05月14日

今も昔も、清里高原!

さて犬さん。2000mの富士山五合目から、
標高300mの甲府盆地へと山を下り、
再び標高1200mの清里駅までやってきました。

P5161528_R.JPG
高低差で、耳が『キーン』なるわ!

清里といえば、昭和の時代に最高におしゃれな
高原のリゾートとして一世を風靡したと記憶しています。
ファンシーショップやタレントショップが立ち並び、
若者たちがペンションに集まってテニスやスキーに興じていたそうですよ。

P5161517_R.JPG
「今は、見る影もないようだが」

素晴らしいですね。飼い主が思い描く清里のイメージ
100%そのままの風景、の、残骸がここにあります。
片手にソフトクリーム、片手にananを持ち、
オーバーサイズなパステルカラーの服に身を包んだ
聖子ちゃんカットのゾンビが、今にも物陰から現れそうです。

P5161521_R.JPG

P5161522_R.JPG

P5161525_R.JPG

P5161512_R.JPG
「言いたい放題言ってるな」

駅前の通りに並ぶ、ファンシーな感じのお店も過半数が閉まってますが
店内にはちゃんと商品が陳列されていたりするので、
おそらく曜日的なものか、シーズン的なものでしょうね。

P5161510_R.JPG
「清里、こんなんなっちゃってるんだな」

むしろ、文化財として残してほしいレベルですけどね。
あの頃の清里が懐かしい皆さんは、今ならまだ残ってますから
早めに行ってみた方がいいと思いますよ。


でもね、多分ですけど、清里がさびれたのではなくて、
流行ってるエリアが駅前から他へ移動しただけだと思います。
駅から少し離れた地域には、現役でおしゃれなペンションや
小さなミュージアムなんかが色々できているみたいなので。
犬OKなペンションやホテル、カフェ、レストランなどもあります。
清里周辺にある旅籠屋さんの某店舗に問い合わせの電話をした時、
対応してくださったフロントの方のノリが
まんまペンションの親父風で面白かったです。
あの、全国どこでも同じという安心感が売りの
直営ホテルチェーン旅籠屋さんを
ペンションにしてしまう、高原の空気恐るべし。

P5161508_R.JPG
「今度来たときに泊まるかもしれないのに、いらん事言うな」


駅前にも、新しいお店がありましたよ。
ドッグラン&ドッグカフェ&ショップのペットリゾート清里さんです。

P5161531_R.JPG
「ここは普通に、今現在おしゃれな感じの店だ」

カフェの席はテラスにも、店内にもあり、もちろん犬連れOK。
店内には、かわいい犬用グッズがたくさんありました。

P5161504_R.JPG

カフェメニューには、山梨産の食材を使った犬用もありましたよ。
ドッグランは、大型犬用と小型犬用に分かれていて、
地面にはウッドチップが敷かれていました。
利用料200円は安すぎです!
清里観光の間、犬を預かってくれる有料サービスもあるので
犬連れで清里に遊びに行く時は、ここを基地にすると便利そうです。


さて、清里駅周辺で少し諸行無常を噛み締めてしまったので、
のどかな牧場に癒されに来てみましたよ。

P5161538_R.JPG
「あら、いいですね」

ここはまきば公園です。
その名の通り、羊、山羊、ポニーなどが飼われている
広大な牧場の中に遊歩道が通り、公園として整備されています。
入場料も、駐車料金も無料。犬連れOKの太っ腹な施設です。

犬さんは、どの動物が好きですか?

P5161610_R.JPG
「牛!」

それ、味の話でしょ…?
牛さんはなんか、遠くにいるみたいですが
できるだけ近くまで行ってみましょう。

P5161602_R.JPG

P5161547_R.JPG
「ここは、牛の水飲み場だな」

ちょうど、牛さんが来てくれました!ラッキーでしたね。

P5161590_R.JPG

P5161594_R.JPG

かわいい!

P5161561_R.JPG
「ロースとハラミと、レバーをおくれ」

…お客さん、うちはそういうの、やってないんですよ。

P5161569_R.JPG
「ちぇっ」

とても広いので、歩き回るだけでかなりの時間がかかりますね。

P5161604_R.JPG
「この面白いモフモフと触れ合えるコーナーはないのか」

犬はもちろんNGですが、人間は牧場の柵の中に入って
羊さんと触れ合えるところがあるみたいです。

P5161591_R.JPG
「みたいです?」

遠ーくの方に、それらしき囲いが見えてたのですが
閉園時間も迫り、あそこまで歩いたら
閉園までに駐車場に帰れないと判断し、断念しました。
どうせ、犬連れでは触れ合えないし。

P5161616_R.JPG
「広大な敷地が裏目に出たか」

でも、動物たちを見て回るだけでも癒されましたよ。
高原の美味しい空気と、間近に見える八ヶ岳も魅力です。
今回は朝に河口湖、昼に甲府、夕方に清里と
ウロウロしてきたので、ゆっくり見ることができなくて残念でした。

P5161647_R.JPG
「よく遊んだものだ」

(ホイ!)



「きよさと☆」と丸文字で書かれた当時のお土産がまだ家にある人はクリック!人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ





ニックネーム 飼い主 at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 山梨県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歴史に疎いこと猿の如し…甲府市・舞鶴城公園を散歩!

さて犬さん。

静岡県神奈川県まで、豪快に寄り道しちゃいましたが
再び山梨県に戻ってきました。

P5161466_R.JPG
「迷走すること、打ち切り間際の連載マンガの如し」

ここは甲府市の甲府駅前です。
武田信玄さんの銅像がありますね。

P5161463_R.JPG
「どういう武将か、当然知ってるだろうな」

えー………塩を…贈ったか、贈られたか…の人ですね。

P5161462_R.JPG
「それで銅像が立つって、どれだけ塩が貴重な国の話だ」


駅の近くに、舞鶴城(甲府城)跡公園という公園が
あるみたいです。犬の散歩もOKらしいので、行ってみましょうか。

P5161470_R.JPG
「他の史跡もたくさんあるんだが、飼い主には分からんだろうしな」

この舞鶴城というのは、やっぱり武田信玄さんのお城だったんですかね?

P5161502_R.JPG
「いや、武田氏が滅んだ後、豊臣系大名によって築かれたそうだ」

P5161473_R.JPG
「武田氏が甲斐国守護だった時代は、躑躅ヶ崎館という居城が別にあった」

どくろがさき…

P5161492_R.JPG
「つつじがさき!」

案内板もあったし、歩きながらwikipediaとか見てたのですが
結局よくわかりませんでした。

P5161479_R.JPG
「飼い主には、まだ早かったか」

とりあえず、天守台からは甲府盆地が一望でき、
南アルプスの山並みが見えています。

P5161478_R.JPG

緑がいっぱいで、城跡の石垣や塀が歴史ロマンを感じさせる
いい感じの公園ですね。

P5161482_R.JPG
「しかし暑いな」

盆地ですからね。富士山周辺の高原で遊びすぎたのか
甲府の暑さに負けそうです。

P5161498_R.JPG
「歴史的な価値も理解できないようだし、さっさと切り上げるぞ」

ですね。
過ごしやすい時間帯や季節なら、まったりお散歩できそうな
綺麗な公園でした。駅が近いので、駐車場所に苦労しますが
歴史が好きな人なら、きっと楽しめるスポットだと思います。
駅の案内板では、甲府の史跡を巡るハイキングコースも紹介されてました。

じゃあ犬さん、次行きましょうか。

P5161484_R.JPG
「あっさりしていること、そうめんの如しだな」



ヒマラヤ岩塩とか、死海の塩なら贈られたい!と思ったらクリック!人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ





ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 山梨県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

富士スバルランド・ドギーパークで犬まみれ!

犬さん、富士登山は楽しかったですね。

P5130598_R.JPG
「登山はしてないってば」

富士スバルライン沿いに、富士スバルランド・ドギーパークという
犬関係っぽいレジャー施設があったので、
寄り道してみることにしました。

P5130577_R.JPG
「門の上に、富士山も見えてるな」

園内からは、ほとんど見えませんが…
正真正銘、富士山の麓に位置するこちらのパークは、
園内にいる様々な犬種の犬をレンタルして園内をお散歩したり、
自分の犬を連れて行ってドッグランで一緒に遊んだりできる、
犬好きさんにとってのパラダイス的な施設のようです。

P5130708_R.JPG
「ふむふむ」

園内はかなり広くて、ドッグランの種類も豊富ですね。

こちらは、アジリティ施設が置かれている「林のドッグラン」。

P5130727_R.JPG
「すごく楽し気だが、どれ一つとして挑戦する気はない」

知ってます。

続いて、「大型・中型犬専用ドッグラン」です。
特に設備はありませんが、なかなかの広さで
のびのび遊べますね。

P5130597_R.JPG
「小さいやつらがいると、気を使うからな」

気を使うのは、犬さんじゃなくて飼い主でしょ。

ほとんどのドッグランの地面はウッドチップなので
デリケートな足のお犬様も安心です。

P5130604_R.JPG
「家の庭も、これにすればいいのに」

いくらかかると思ってるんですか…

大型・中型犬専用の隣にあるのが、「迷路のドッグラン」。

その名の通り、ランの中に迷路があります。
あの、緑の部分ね。

P5130718_R.JPG
「珍しいな」

迷路の中心で犬に「待て」をさせて、外から呼ぶと
面白いかもしれません。

P5130710_R.JPG
「こんなん余裕だろ。飼い主、犬の嗅覚をなめるなよ」

他の犬がいなかったら、犬さんに挑戦させて
ここでタイムを発表してやったのに…

次の「森のドッグラン」は、その名の通り
こんな状態になってます。

P5130691_R.JPG
「これはいい」

飼い主も、ここが一番気に入りました。
惑星エンドアを思い出して木々の間を駆け抜けるもよし、
かくれんぼに興じるもよし、
樹海で遭難ごっこを繰り広げるもよし、
富士の裾野の自然を感じながら遊べそうです。

P5130699_R.JPG
「森の奥にメリーゴーランドが見えてるのがメルヘンチックだ」

最後のドッグランは、こちらの「多目的ドッグラン」。

園内で一番広いランの中には、ステージや客席まであります。
イベントに使われたりするとか。犬連れOKな音楽会とか?
「仔犬のワルツ」でみんな踊っちゃったりするんでしょうか?

P5130704_R.JPG
「音楽会は飼い主の妄想です」

各ドッグランは、オフ会等で貸切にもできるようです。

実はもう一つ、ドッグランがあるのですが
こちらはパークのショーに使われるもので、
一般の犬や人は入れません。
この日はアジリティショーをやってましたよ。

ハンドラーさんと息の合った動きで、次々にクリアしていきます。
憧れちゃいますね。犬さんには絶対できないもん。

P5130676_R.JPG
「ハンドラーの差だな」

P5130671_R.JPG
「あれを見ろ。綺麗なお姉さんとの絆があれば、ハードルぐらい飛べるとも」

ふん。


ドギーパークには、この他にもお子様向けの遊具やアスレチックもあり、
軽食がいただける売店はもちろん犬連れOKだし、
パークの犬とのふれあいコーナーやお散歩体験では
珍しい犬種の犬たちと思う存分遊べます。
ミニ動物園的な、ヒツジやヤギが飼われている檻もありますよ。

P5130685_R.JPG
「メエメエ。お母さんですよ。中に入れてちょうだいな」

ちょっと犬さん。草食系のヤギさんのそんな険しい表情、
飼い主初めて見ましたよ。動物を興奮させないように
もっと離れて見てください。

P5130606_R.JPG
「羊とか山羊とか鳥とか、食欲を刺激する動物ばかりだから仕方ない」

かと思えば、こんな猛獣もいます!恐ろしい!

P5130592_R.JPG
「何のつもりだ」

こう書いてあったので…

P5130593_R.JPG
「ノリノリか、飼い主」

犬さんは秋田犬なのでシャレになってませんが、
チワワちゃんやトイプーちゃんがモデルだとかわいいと思います。


あと、パーク内に天然記念物もあります。

P5130640_R.JPG
「急に!?」


散歩道も、富士の裾野の森って感じで気持ちいいし、
一日中いても楽しめそうなパークでした。


パーク内にはショップもあり、こちらももちろん犬連れOK。
犬さん、何か買ってあげましょうか?

P5130730_R.JPG
「じゃあ、全部」

全部、一噛みで飽きるくせに!

隣接するフレンチレストランも、テラス席は犬連れOK。
綺麗な庭園を見ながら、犬と一緒に食事が楽しめますよー

P5130737_R.JPG
「天気のいい日は最高だな」

というわけで、犬好きにはたまらない
富士スバルランド・ドギーパークを一回りしてみました。
お散歩体験中の珍しい犬種の犬がたくさん見られて幸せでした。
でも、犬さんより可愛い犬って、全然いないもんですね。

P5130738_R.JPG
「知ってるって」



何、このバカ2匹…
どう考えても、うちの犬の方が可愛いし…と思ったらクリック!
人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ





タグ:Project47
ニックネーム 飼い主 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
もんど モンド 主水 大型犬と一緒 旅行 犬同伴 わんこ OK 犬連れ