2012年05月15日

新・草津湯けむり犬の散歩事件!

さて犬さん。
昨日は草津温泉の中心地、湯畑周辺をお散歩してみました(前編後編)。

P5171803_R.JPG
「温泉に入ってもいないのに、すっかり温泉気分だ」

今日は、草津温泉のお湯の源、白根山の湯釜を見に行きますよ。

まず、湯畑から車で志賀草津ルートを登っていきます。
なんと高低差は800m。
草津の時点で既に1000m超えの高地なのですが…
30分ほどかかって、白根山レストハウスに到着です。
駐車場は有料、410円でした。

P5171767_R.JPG
「標高2160mともなると、雪も残ってるんだな」

5月も半ばだし、ここのところ暑かったのに…
このルートの道路は11月頃から4月頃まで
雪のために閉鎖されてるらしいです。

さて、ここから湯釜が見える展望台までは、プチ登山です。

P5171755_R.JPG
「雪も残ってるし、飼い主はネルシャツでサンダルだが、登山か」

P5171721_R.JPG

はい。ちょっとナメてました。
けど、観光用に整備された道なので大丈夫なはずです。

入口にはストックの貸し出しがありますね。

P5171758_R.JPG

うりゃ。

P5171763_R.JPG
「殺すぞ」


さて、登りますか。犬さんは余裕ですね。

P5171707_R.JPG
「整備された緩やかな道で、気候も秋田犬にとってはおあつらえだからな」

飼い主も、日差しの強い暑い日に登るよりはこっちの方がいいです。

入口にあった案内板の通り、20分ほどで湯釜につきました。
見てください、ここまでの登山が報われるこの景色!

P5171724_R.JPG

P5171723_R.JPG
「晴れてたら、もっと綺麗なんだろうか」

だから、日差しの強い日にあんな山道はキツいですって。

P5171717_R.JPG
「あのエメラルドグリーンは、確実に草津の湯の源泉だな」

そうですね。白根山は火山で、あの湯釜はその火口湖です。
世界有数の酸性湖だそうですよ。
以前は湯釜のそばまで行けたのですが、
最近噴火警報が出て、見学はこの展望台だけになってるみたいです。

P5171736_R.JPG
「噴火警報って、かなり危なそうな響きだが」

意外と頻繁に噴火してるみたいですよ
駐車場に避難小屋があったりして、緊張感が漂ってます。

景色や湯釜をじっくり見ながら登っても、大抵の人が
往復で30〜40分だと思います。
湯釜は他であんまり見られない感じなので、
草津観光の際にはぜひ。

P5171699_R.JPG
「犬的にはちょうどいい山道だった。湯釜以外の景色も素晴らしいぞ」



さて、今晩は草津の犬と泊まれる温泉宿に泊まりましょうね。

大型犬も受け入れているホテルやペンション、
旅館は何軒かあるのですが、
今回は草津温泉 ふじ重さんにお世話になります。

中心地からほんの少しだけ離れた、とても静かな高台にあります。
優しいお父さんとお母さんという感じのご夫婦が迎えてくださいました。

P5172046_R.JPG
「落ち着く感じの、いい部屋じゃないか」

この日、宿泊するのは飼い主と犬さんだけらしく、
温泉街が一望できる、眺望のよい部屋に通していただきました。
部屋にはバス・トイレ付ですが、展望浴場に行くしかないでしょう!

P5172048_R.JPG

シャワーは2つ、湯船は3〜4人が限界な感じの小ぶりなお風呂ですが
大きな窓から草津の町が見渡せます。

P5180028_R.JPG

展望浴場は、入り口に「入浴中」の札をかけて
貸切で使えるシステムみたいですが、
この日は飼い主だけなので入り放題!
最高に贅沢な気分でした。
お湯の温度はやっぱり高め…湯畑、仕事しろ!

お食事がまた、素晴らしかったです!
ご主人がおっしゃるには、最近山菜が採れ始めたそうで
コゴミやフキ、ウドなど、採れたての山菜づくしの
美味しいお料理を振る舞っていただきました。

P5170020_R.JPG

しいたけやクレソンも自家製っぽかったです。
てんぷらにしたものを、お蕎麦と一緒にいただくと最高!

P5170025_R.JPG
「贅沢しやがって、身の程をわきまえろ」

たまにはいいんです。

朝ごはんも、正統派な旅館の朝ごはんをいただきました。
そして、前夜に撮影していただいた記念写真を
A4版の大きな写真にして、出発の朝にいただけるという
思い出に残る素敵なサービスも嬉しかったです!

内装や設備には古くなっている部分もありますが、
清潔感はあるし、とても落ち着く良いお宿でした。
飼い主は次に草津に来る時も、ぜひお世話になりたいです。


さて犬さん、草津温泉は堪能できましたか?
あちこち引きずり回されて、犬さんだけ温泉にも入れませんでしたが…

P5171966_R.JPG
「色々珍しいもの(カピバラや火山)が見られたので、まあ良しとしよう」

それを聞いて安心しました。
それでは寄り道はこの辺にして、本来の目的地へ向かいましょうか。

P5171980_R.JPG
「ちょっと待てコラ、どういうことだ!」



3回に分けた努力は認めるが、それでも長いよ…と呆れたらクリック!人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ





ニックネーム 飼い主 at 02:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・草津温泉湯けむり犬の散歩事件!

さて犬さん。草津温泉でのお散歩の続きです。

P5171696_R.JPG
前回の湯畑と西の河原以外に、犬連れで行ける名所はあるのか」

もちろんです。
草津熱帯圏という施設が、犬連れOKみたいなので
早速行ってみましょう。

P5171935_R.JPG
「…なんか、ドライブインみたいな感じの建物で、期待感があまりないが」

P5171924_R.JPG
「中も、こんな感じだし…」

失礼なことを言わないでください!

この建物はチケット売り場やお土産屋さん、展示室などがあるだけで、
本体はあそこに見える大きなドームですから!

P5171774_R.JPG
「ほう」

P5171779_R.JPG
「…これはこれで、看板の感じとかが、なんか…」

温泉気分のゆる〜い観光にぴったりのレトロ感ですが…
中は、けっこう本格的ですよ。

P5171786_R.JPG
「ふむ」

温泉の熱を利用して、熱帯の動植物を飼育しているみたいですね。
最初のゾーンでは、ワニとかフラミンゴが出迎えてくれます。

P5171788_R.JPG

P5171806_R.JPG

南国っぽ〜い。

順路に沿って進むと、ヘビやトカゲ、カメなんかの爬虫類ゾーン。

P5171805_R.JPG

P5171807_R.JPG
どうにもならなくなっているカメさんとかがいます。

あと、ヘビの入ってるケースの前には、小銭がたくさん置かれていました。

P5171838_R.JPG

日本人の業ですね。
小銭の多さランキング第一位(飼い主調べ)は、
白ヘビのカリフォルニアキングスネークでした。

P5171891_R.JPG
「誰にも求められてない調査をするな」

もちろん、かわいい哺乳類のゾーンもありますよ!

P5171854_R.JPG

P5171882_R.JPG

P5171895_R.JPG

カピバラさんとかもいます。かわいい!でかい!かわいい!

P5171886_R.JPG

P5171850_R.JPG

しかもなんと、檻に手を入れるスペースが開いてたりするので、
かわいい動物にお触りもOKです!

P5171853_R.JPG

P5171852_R.JPG

カピバラさんの感触は、ぜひ現地で確かめてください!

P5171910_R.JPG
「もう出口か。なんか飼い主、動物の写真ばっか撮ってたな」

飼い主だって、犬さんと可愛い動物のツーショットを撮りたかったですけど…
犬さんも動物も動きまくるから諦めたんですよ!

P5171863_R.JPG
「躍動感があっていいじゃないか」


ドームの外にも、動物がいますよー
猿山があったり、リャマがいたり。
飼い主の憧れ、巨大うさぎのフレミッシュジャイアントもいました!

P5171920_R.JPG

P5171911_R.JPG

犬さん、草津熱帯園はどうでしたか?

P5171917_R.JPG
「様々な動物がいるので、様々な動物がいるなりの臭いがした」

不思議なスメルが漂ってましたね…
でも、ちょっとレトロな感じが温泉気分を引き立てる、素敵なスポットでした。
B級スポット好きも、動物好きも、もちろんお子様も、楽しめると思います。



さて、湯畑周辺に戻ってきましたが、散歩しすぎてお腹が減りました。
草津で犬OKの飲食店って、どこに行けばいいんでしょうね。

P5171664_R.JPG
「湯畑のそばに、オープンテラス席のあるパン屋があったぞ」

はあ?こんな風情のある、湯の香漂う温泉地ですよ?
こんな所でパンなど!

P5171671_R.JPG
「あっ、なっち語だ」

ぐるなびで検索したら、こちらの夢花さんが見つかりました。

草津のバスターミナルの目の前にある和食屋さんです。

P5172014_R.JPG
「湯畑からも、徒歩数分だったな」

ペットOKのテラス席が1席だけありますよー

P5172015_R.JPG

P5172022_R.JPG
「飼い主が水皿を忘れたのに、水を用意してくれたぞ」

嬉しいですね。飼い主は、名物のまいたけそばをいただきます。

P5172019_R.JPG

だしが、ガッツリとした濃い味で美味しいです!



デザートは、こちらのだんべえ茶寮さんでいただきましょう!

P5171991_R.JPG

さっき通った西の河原通りにあって、すぐわかります。
温泉まんじゅう試食攻撃の、すぐそばですよー

P5180060_R.JPG
「長寿店さんを、目印に使うな」

こちらは、店内の席しかありませんが犬連れOK!
民芸調の内装が、温泉気分にマッチします。

P5180032_R.JPG

P5180034_R.JPG

当然、甘味をいただくしかないでしょう!
あんこや寒天などは手作りらしいです。

P5180041_R.JPG

飼い主は、クリームあんみつと昆布茶をいっときます。

あんみつはフルーツたっぷりですね。
あんこや寒天は、こだわってるだけあって美味しいです!

P5180043_R.JPG
「デブは異様にそういうのが似合うな」

こぶ茶も大容量ですね。予想外のお菓子付きで、
甘味がダブってしまいました。

P5180044_R.JPG
「孤独のグルメ道は、かくも厳しいものなのだ」

お店のお姉さんがたは、お家にトイプーちゃんがいるとかで
犬さんにも優しく接してくださいました。
もちろん、お水も出していただけましたよ。

P5180048_R.JPG
「((((((犬好きな人は優しい人が多い)))))))」

あれっ、犬さん、なんですか急にその躍動感は!

P5180051_R.JPG
「(((((((((お店の人に、骨ガムをもらった)))))))))))」

もう!



というわけで犬さん。前回とあわせて、
草津温泉でのお散歩はいかがでしたか?

P5172032_R.JPG
「ベタベタな温泉街の感じにホッとする。湯畑も一見の価値ありだ」

今晩は犬OKの温泉宿に泊まって、明日は湯釜を見に行きましょうね。
まだまだ温泉気分は続きますよー!



ゆるキャラ美少女NO.1はゆもみちゃんだと思う人はクリック!人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ





ニックネーム 飼い主 at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

草津温泉湯けむり犬の散歩事件!

さてさて、犬さん。
山梨県の富士五湖周辺から清里高原を訪ねてきましたが
さらに北上し、軽井沢を超えて群馬県に突入です。

P5171692_R.JPG
「まさか、これも『ちょっとした寄り道』で済ませる気じゃないだろうな」

我ながら、やっちまったなーとは思っていますが、
なにしろ「一度はおいで」と言われたものですから。

P5171656_R.JPG
「てことは、ここは草津か」

はい。自然湧出量に限れば日本第一位、
古くから名泉として知られたザ・温泉地、草津温泉です。
犬さんの後ろにあるのが、有名な湯畑ですね。

P5171679_R.JPG

風情がありますねー。草津に来たという感じがします。
草津温泉の源泉は温度が高く、そのままでは入浴できないのですが
水で薄めると効用まで薄まってしまうため、こうして湯畑の
木枠の中を流したり、「湯もみ」といって木の棒でかき混ぜたりして
入浴できる温度にまで冷ますんだそうです。

P5171674_R.JPG
「いかにも効きそうな温泉の匂いがしてるな」

ですね。早く入りたいです!

お湯の色がエメラルドグリーンに見えますが、
草津のお湯は強い酸性なんだそうです。

P5171675_R.JPG
「なぜ酸性だとこの色になるかは、突っ込まないでおいてやろう」


湯畑のそばには、足湯もありますよ。
「入浴禁止」の張り紙がありますが、え…ここで?

P5171662_R.JPG
「さっきの湯滝にも、入浴禁止と書いてあったぞ」

実際に入っちゃった人がいたということでしょうか…うーん…

そんなことしなくても、湯畑には無料の共同浴場があって
24時間誰でも入浴できちゃいますよ。

P5171688_R.JPG
「公衆トイレ感覚で、普通に温泉があるんだな」

草津には、地元の人が利用と管理を行う
無料の共同浴場が18か所もあるそうです。
そのうち、こちらの白旗の湯を含む3か所は
観光客にも開放されてるんですよ。

飼い主もさっそく、初草津温泉に入浴です!

共同浴場の中は、脱衣所と洗い場、湯船、洗面器以外は
本当に何っにもありません。シャワーもありません。
石鹸・シャンプーは使用禁止です。
(お湯が酸性なので、使わない方が綺麗になるそうです)

ほんとに、お湯に入るだけという感じですね。
肝心のお湯ですが…熱いです!
湯畑がすぐ横にあるのに、
ちゃんと冷ましてるのか?と思うぐらい熱い…
草津のお湯は成分が強いので、
短時間の入浴を何度かに分けてするのが正解らしいですが
それに合わせた温度設定なのかもしれません。
でも、なんか効きそうな香りと感触がするお湯です。
建物の感じも、素朴でレトロ風味で落ち着きます。

草津にはこんなふうに、立ち寄り湯も密集しているので
タオルだけ持って温泉めぐりというのも楽しそうです。

P5171697_R.JPG


さて犬さん、お待たせしました。
草津温泉をお散歩しましょう。

まずは、温泉街の雰囲気満点な西の河原通りを通って
西の河原公園に行きますよ。

P5172034_R.JPG
「定番の観光コースだから、沿道は土産物屋がびっしり並んでるな」

そうですね。ここで必ず出会うのが、名物の温泉まんじゅう試食です。

P5180064_R.JPG

通りかかる人全員に蒸したてのおまんじゅう丸々一個とお茶一杯をくれるという
よくわからないビジネスモデルを採用している、長寿店さん。
お店の中に入って、座って食べてーと言われますが、
実はここ、犬OKらしいです。
押しの強い試食販売には賛否両論あるみたいですが、
それも温泉地の風情だし、試食のおまんじゅうは美味しいし、
売ってるおまんじゅうもかなり良心的な価格だし、
犬連れでちょっと休憩するのもいいかもしれません。
ちなみに、買って帰って食べても
蒸したての試食ほどは美味しくありませんが
スチームレンジや蒸し器で蒸したり、レンジで温めると
あの味に近づけることができますよー

P5210449_R.JPG

P5171941_R.JPG
「飼い主、結局買ったのか」

犬さんの名前まで覚えられて、
通るたびにおまんじゅう貰ったちゃったので…


というわけで、西の河原です!
岩場から湧き出した温泉が
川になったり池になったりしてますね。

その辺の川や水たまりに手を入れても、
ちゃんと温かいです!

P5171976_R.JPG

P5171943_R.JPG
「色もそれぞれ違って、カラフルで面白いな」

西の河原の名前の通り、観音様の像があったり、
石が積み上げてあったりします。

P5171949_R.JPG

なぜか日本とドイツの友好のモニュメント的なものもあるのですが、
そこにも関係なく石が積まれています。

P5171982_R.JPG

P5171983_R.JPG
「どんな願いが叶うんだよ」

飼い主も積んでおきました。一つ積んでは金のため〜♪

P5171974_R.JPG

P5171981_R.JPG
「バチがあたりますように…」

お稲荷様も祀られています。

P5171989_R.JPG
「観音様もいるのにか」

日独友好の碑まであるのに、何細かいこと言ってるんですか。
温泉気分の前では、あらゆる隔たりは意味をなさないのです。

鳥居の脇に湧水があって、みんな美味しいと言ってました。
犬さんの水皿を持って来ればよかったですね。

P5171987_R.JPG
「この、下のとこからなら飲んでもいいだろう」

衛生的に、やめといてください。

公園の奥まで来ましたが、なんか、階段がありますね。
上には何があるのかな?上ってみましょうか。

P5171956_R.JPG
「デブは、階段は避けた方がいいと思うがなあ」

かなり高いところまで上りますね。ふうふう…

ああっ…上には特に何もない!
一番がっかりするパターンの階段だった!

P5171958_R.JPG
「遊歩道で、広い公園を一回りできるようだ」

広いだけで、ただの森ですよ!こんなの!

P5171963_R.JPG
「鬼の相撲場という名所もあるぞ」

これも、名前だけで特に何もないし!

西の河原公園内には、日本最大級の露天風呂
「西の河原露天風呂」があるので、そこに入る人だけ
こっちのエリアに来るみたいですね。

P5171965_R.JPG
「いい散歩になったからいいじゃないか」

せっかく積み上げた石を鬼に壊される気持ちが分かった気がします。

階段上って疲れたので、草津でのお散歩は後編に続く!

P5172008_R.JPG
「ダラダラ書いてたら長くなっただけだろ!」



石を積む係と、積まれた石を崩す係なら、後者にやりがいを感じるタイプはクリック!人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ





ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
もんど モンド 主水 大型犬と一緒 旅行 犬同伴 わんこ OK 犬連れ