2014年03月27日

桜、三月、桜島!桜島の桜と恐竜を見に行こう!

さて、犬さん。
桜が咲き始めたので、お花見に出かけましょう。

P1016027_R.JPG
「すごい長い時間、車で走ってきたが、どこだここは」

後ろに桜島の御岳が見えてるでしょ?鹿児島県ですよ。
桜島は、鹿児島の象徴ともいえる存在感を誇る火山島。
名前の由来は諸説あるようですが、なんか桜っぽいので
2014年の最初のお花見はここにしました。

桜島は、東側が陸続きになっているので車で渡れるし、
西側の鹿児島港からも、桜島フェリーで車ごと渡れます。

P1016055_R.JPG
フェリーからの桜島。

桜島フェリーはペットの持ち込みもOKなので
車じゃなくても大丈夫ですよ。


P1015996_R.JPG
「あっこれ、教科書で見たことあるやつだ」

昭和の大噴火で火山灰に埋まった、埋没鳥居ですね。
島の東側、黒神という所にあります。
元は高さ3mの鳥居がこんなになるわけですから、
噴火のすさまじさが伝わってきますね。

P1015993_R.JPG
「最近も活動が活発になったりしてるし、怖いなあ」


フェリー港のそばにある公園の注意書きにも、
普通にこんなことが書いてあります。

P1015998_R.JPG
”灰の日”があるお国柄。

P1016002_R.JPG
「それもすごいけど、この公園自体、なんか…」

桜島自然恐竜公園の名前通り、あちこちに恐竜がいます。

P1016007_R.JPG
和歌山の恐竜公園を思い出す、不必要なスケール感」

ブロントサウルスさんですね。別の角度から見るとこんな感じ。

P1016033_R.JPG

P1016034_R.JPG
「爆笑だなあ」

恐竜と桜と火山という、レアでシュールな写真が撮れますよ。

P1016019_R.JPG
「食い合わせ悪いだろ」

肝心の桜は、さすがに南国鹿児島だけあって
3月27日の時点で既に満開は過ぎた後でした。

P1016012_R.JPG
「それより、パンダが奇跡的に可愛くない」

常時、本気の感じの虎に狙われてたら、表情が荒むのも仕方ないですよ。

そんなこと言ってる間に、桜島から噴煙が上がりましたよ。

P1016037_R.JPG

P1016038_R.JPG
「手前の恐竜の顔が緊張感をなくしてる気がする」

犬さん、そこに立つと、漫画の怒ってる人みたい。

P1016041_R.JPG
「噴煙で遊ぶな!プンプン!」


というわけで、ちょっと急ぎ足の桜島見物でした。
いかがでしたか、犬さん?

P1016049_R.JPG
「なんか、恐竜に全部持って行かれた感がある」

意外な出会いでしたね。
では、本格的なお花見は次回以降ということで。

P1016052 - コピー_R.JPG

幼児の頃、太秦映画村の池から出てくる恐竜で大泣きした飼い主は、
恐竜公園で楽しそうに遊ぶちびっこを見て大変頼もしく思いました。
知らんがな!と思ったらクリック!
人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ

ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

屋久島をぐるりと一周!意地でも犬さんと一緒に観光するぞ!

さて犬さん。
フェリーで屋久島に上陸し、屋久杉のハードルの高さにめげ
六角堂さんで宿を確保しましたが、今日から数日は
屋久島の観光スポットを巡ってみましょう。

P9092977_R.JPG
「犬連れで行けるところはあるんだろうな」

例によって、そこは行き当たりばったりで行きます。

P9092970_R.JPG
「そこが一番大事というか、致命的なのにか」



屋久島は、だいたい円形に近い形をしています。
円の中心近くに行くほど高い山になっていて、
中心が宮之浦岳の頂上、そのそばに憧れの縄文杉があります。
海に近い外周に沿って県道が一周しています。
屋久杉ランドや白谷雲水峡は県道から山の方に登って行った先ですが、
もっと気軽に行ける観光地はだいたいこの県道沿いに点在しています。
なので、とりあえず海沿いに屋久島を一周してみることにしましょう。

P9082918_R.JPG
「本当に行き当たりばったりだな」

屋久島を時計にしたとして、12時が真北とすると、
フェリーが着いた宮之浦港は1時の辺りにあります。

P9123264.JPG
「ウィルソン株の実物大模型があったエリアだな」

飲食店やスーパー、お土産物屋などのお店も多くて、栄えてます。


2時を過ぎた辺りに屋久島空港があり、レンタカーの営業所もこの辺にありました。


3時を過ぎた辺りは安房という町があり、ここもお店が多くて栄えてます。
ヤクスギランドへは、ここから山道を登って行きますよ。


4時の辺りには、『ヤンバルトサカヤスデ発生区域』の注意看板があります。

P9123252_R.JPG

P9113190_R.JPG
「正体のわからなさが凄く怖いな」

その先にあるのが、我らが六角堂さんです。
この近くから、山道を少し上ったところには、千尋の滝がありますよ。

P9082909_R.JPG

P9082910_R.JPG
「かなりのスケール感」

横の滑らかな斜面が、あんまり見たことない感じですね。

P9082924_R.JPG

人工的なダムっぽい見た目ですが、自然のもので
なんとこの全体が巨大な一枚岩だそうです。


5時近くの海側には、トローキの滝という滝もあります。
ぽん・たん館という物産館の駐車場が使えますよ。

P9113143_R.JPG

P9113144_R.JPG
「なんか遠い」

海に直接注ぎ込む、全国でも珍しい滝だそうですよ。

P9113156_R.JPG

P9113171_R.JPG
「犬目線では全く見えないが」

確かに、ビュースポットの遊歩道からはちょっと遠いですね。
遊覧船やシーカヤックで近くまで行けば、もっと迫力あるのかも。
滝より、海の綺麗さに目を奪われてしまいます。

P9113163_R.JPG


その先にあるのが、こちらの山河公園。

P9123232_R.JPG

P9123242_R.JPG
「大きくはないが、その名の通り山と川の景色が楽しめる、良い感じの公園だな」

『やまかわ』公園ではなく、『やまんこ』公園と読みます。

P9123224_R.JPG
「…そうか」

向い側にある、やまんこ売店が目印です。

P9123235_R.JPG

P9123240_R.JPG
「…うん」

山河湧水(やまんこゆうすい)は名水として有名らしいですよ。

P9123249_R.JPG
「…小学生か、お前は」


6時の辺りには、『あわてるな 獲物のむこうに 人がいる』の看板。

P9123222_R.JPG

P9123276_R.JPG
「意味がわからなすぎて、凄く怖いな」

この近くには、平内海中温泉があります。
海岸に湧いている温泉ですが、犬連れでは入れないのでスルー。


8時の辺りには、大川の滝(おおこのたき)があります。
屋久島最大の滝で、落差88mだそうです。

P9113128_R.JPG

P9113123_R.JPG
「これはあれだな、写真で伝わらないパターンだな」

そうですね。実際見ると、ずっと巨大で迫力があります。
滝壺の近くまで行けるみたいですが、
巨大な岩がゴロゴロしているところを渡っていかなければいけません。
犬さんは一歩目で滑って落ちたので、我々はここから眺めるだけにしましょう。

P9113137_R.JPG
「リードのせい、リードのせい」


この先、9時〜10時あたりは、西部林道という山道になっていて
車での走行注意です。
海岸線から世界遺産に登録されているとか何とかの素敵な道らしいですが
運転に不安を抱える高所恐怖症の飼い主としては
景色を楽しむ余裕もない恐怖のドライブでした。


11時のあたりに、こちらの永田いなか浜があります。

P9093014_R.JPG
「ネーミングにはやる気が感じられないが、綺麗なビーチだな」

南の島感たっぷりの、青い海が素晴らしいですね。

P9093005_R.JPG

P9113182_R.JPG
「おや、これは」

見つけちゃいましたね?それはウミガメの卵の殻です!

P9113181_R.JPG

このいなか浜は、日本で一番多くのウミガメが産卵するスポットなのです。
シーズンに行けば産卵や孵化の見学もできるそうですが、
今は微妙に時期を外しているし、犬連れだと凄く怒られると思うので
我々は卵の殻で我慢しておきましょう。

P9092984_R.JPG
「殻だけでも、なんかちょっと感動してしまうウミガメの力、恐るべし」

いなか浜は、北西が海なので、夕日スポットでもあります。
我々が行った日は、曇ってて残念さんでした。

P9113196_R.JPG

P9113187_R.JPG
「屋久島はほんとに、曇りと雨が多いな」


さて、12時の手前にあるのが、志戸子ガジュマル園です。
こちらは珍しく、犬連れでの入場を許可していただけました!

P9103031_R.JPG
「それは良かったが、何だここは」

熱帯の樹木であるガジュマルが自生しているエリアだそうです。
屋久島では他の場所にも生えてるのですが、これだけ密集してるのは
珍しいんだとか。

P9103078_R.JPG
「何か知らんが、南国感は凄いな」

気根が垂れ下がって凄い事になってる巨木が見ものです。

P9103086_R.JPG
「縄文杉には及ばないが、屋久島っぽい珍しい植物が見られて良かったじゃないか」

ですね。



というわけで、屋久島をぐるっと一周して、宮之浦に戻ってきました。
屋久島観光はいかがでしたか、犬さん?

P9092977_R.JPG
「何だかんだ、犬でも行ける名所もあるし、のんびり楽しむには良い所だ」

フェリーと宿は、これまでの中でも最高レベルの居心地だったので
屋久島で時間を過ごす事自体を目的に来ても損はしない感じがしました。

でもやっぱり、縄文杉はいつか見てみたい…

P9103058_R.JPG
「背負って往復10時間の登山をやるなら、ケージに入っててやるぞ」

うーん…確実に死ぬなあ…


公園の名前を仮名表記することで、
検索で変な人が来る可能性に脅えたらクリック!
人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ

タグ:Project47
ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

屋久島で、大型犬と一緒にお泊り!屋久島六角堂で別荘気分!

さて犬さん。
屋久島での1日目の観光は、犬連れ不可が多くてちょっと残念でしたが、
今日は屋久島にお泊りしますよ。
P9092971_R.JPG
「屋久島にも、犬連れで止まれるホテルがあるんだな」

どうなんでしょうね。

P9092976_R.JPG
「まさか」

予約とかせずに来たので、今から泊まれそうなところに電話してみます。

P9103021_R.JPG
「そんな心構えで離島に来るか、普通」


屋久島にもペットOKなホテルがいくつかあるらしく、
飼い主が目星をつけていたのは屋久島六角堂さんという貸しコテージです。
予約をメールで受け付けて下さるオーナーさんと、
現地に常駐しておられる管理人さんは別の方なので
予約は早目にしておかないと、
飼い主のようにとても迷惑をお掛けすることになります。
当日の夕方に直接管理人さんに電話で泣きついたところ、
何とか受け付けていただけました。

名前の通り、六角形のコテージを一棟かりることができます。
コテージの前に駐車できるので便利ですよ。

P9092944_R.JPG
「新しくて綺麗な建物だな」

間取りは1階がLDKとバストイレ、2階にベッドルームがあり、
家具はもちろん、冷蔵庫や洗濯機、掃除機等も置かれているし
生活用品や消耗品も揃っているので
自炊しながら長期滞在できちゃいます。

P9082937_R.JPG

P9082931_R.JPG

P9082941_R.JPG

P9082934_R.JPG

お庭には、物干しやテーブルセットも。

P9113102_R.JPG
「別荘気分でリゾートを満喫できそうだ」

ただ、アレルギー対策のため、
犬と一緒に泊まる場合はケージに入れておく必要があります。

飼い主のように、ケージを持たずに登場した馬鹿は前代未聞だったそうで
管理人様が急遽、転落防止用の柵で臨時サークルを作ってくださいました。

P9082929_R.JPG
「どこまで人に迷惑をかけられるかの記録に挑戦でもしてるのか、飼い主は」

屋久島は雨の日が多いので、長く滞在して晴れの日を狙って観光や登山を楽しみ、
雨の日は管理棟にたくさん置かれている本を借りて読書したりして
まったり過ごすのがおすすめみたいですよ。

P9123220_R.JPG

長期滞在割引もあるので、
自炊しながら屋久島ライフを満喫するのに最適な宿だと思います。
(繁忙期は連続宿泊日数に制限もありますが)

食事は、敷地内の管理棟がカフェになっていますが
基本的には備品充実のキッチンで自炊か、外食です。
お米は、管理棟で少量から売ってもらえるので、
スーパーで何キロも買う必要はありません。

P9113180_R.JPG


目の前にあるレストランVitaさんは、
屋久島や鹿児島の素材を使ったお料理が美味しいイタリアンレストランです。

P9113178_R.JPG

P9113179_R.JPG

野菜が美味しいです!
テイクアウトのケーキは屋久島名産のたんかんタルトとたんかんショコラ!
ピザなんかもテイクアウトできるそうなので、
六角堂に持ち帰ってランチにできますね!
なにしろ真向いで徒歩0分という、ピザの冷めない距離なので便利です。

P9123219_R.JPG


あと、Vitaさんの裏側の山を登ったところに、パン工房樹の実さんがあります。
こだわりの天然酵母&地下水のパン、ピザが美味しくて、
地元の人で賑わってました。
滞在中の朝食はこのパンとたんかんジャムで通しました。

P9103096_R.JPG

飼い主が行った時は売り切れでしたが、
『わんこのおやつ』も売ってるみたいですよ。


スーパーは島内に数件ですが、
宮之浦港の近くにあるわいわいらんどというスーパーが大きくて便利でした。
地元産のお刺身は、さすがの美味しさです!

P9093020_R.JPG


あと、テイクアウトのお寿司が売ってる所もあったり。

P9113215_R.JPG

P9113217_R.JPG

大川の滝を見に行った時に、自転車で売りに来ていた方から買いました。
これはキビナゴですが、屋久島名物のトビウオなんかのネタもあるみたいです。



というわけで、なんか、
人間がダメになりそうなほど不自由なく
リラックス&リフレッシュ&リセット&リゾートできてしまいました。

P9113107_R.JPG
「チェックインの経緯からして既に完全なダメ人間だから安心しろ」


屋久島でペットと一緒に泊まれる他の宿は、ここで検索できますよ。
タグ:Project47
ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
もんど モンド 主水 大型犬と一緒 旅行 犬同伴 わんこ OK 犬連れ