2014年04月12日

ゴジラはいねーがー!犬さんと男鹿半島ドライブ!

さてさて、犬さん。

美しい田沢湖を後にして、秋田市を通り過ぎ、
八郎潟という湖のそばまでやってきましたよ。

P1017185_R.JPG
「なんか、平坦で整然とした感じの、独特の景色だな」

かつてはここも八郎潟の水域だったのですが、
干拓によって陸地化され、大潟村という村になっています。
干拓地だけに海抜が低く、農地が多いので確かに独特の景色ですよね。

P1017166_R.JPG

八郎さんというのは、八郎潟に住んでいたと言われる
伝説の竜神様です。
元は人間だったけど、イワナを食べ過ぎて竜になってしまい、
十和田湖に住んでいたらしいのですが
色々あって八郎潟に移り住み、また色々あって
前回の田沢湖のたつこさんと夫婦になって
今はほぼ八郎潟には帰らず、
田沢湖でたつこさんと仲睦まじく暮らしているそうですよ。

P1017169_R.JPG
「ちょっと理不尽な感じで龍になってしまった同士で意気投合したのか」

お互い、世界中で一番話が合う伴侶を見つけたわけですね。
そりゃ、自分の湖にも帰らずに仲睦まじく暮らすわ。


大潟村には、大潟富士という自称「日本一低い山」がありますよ。

P1017150_R.JPG
「なんだ『自称』って」

頂上が海抜0mという、文句なしの低さなのですが、
人工的に造られた築山なので
国土地理院のデータとしては正式に認められてないそうです。
干拓地の海抜の低さを利用して、村おこし的に造られた山みたいですね。
周囲からの高さは富士山の1000分の1となる
3.776mになるように造ってあるそうです。

P1017173_R.JPG
「走れば数秒で登頂できそうだな」

頂上にはこういう、頂上っぽいやつがあります。

P1017165_R.JPG

あと、周りの土地の海抜も低いためか、
この低さとは思えないほど景色が開けていますね。

P1017155_R.JPG

ちなみに、正式に認められている中で日本一低い山は
数日前までは大阪にある天保山の4.53mでした。

P1017162_R.JPG
「数日前まで?」

はい。ほんの数日前の2014年4月9日に、
宮城県の日和山が震災の影響で海抜3mになっていたことが判明し、
日本一低い山は日和山ということになりました。

P1017167_R.JPG
「ものすごくタイムリーな話題だが、大潟富士は一切絡んでないのが切ないな」

天保山も日和山も、元々は人工的な築山だし、
大潟富士も国土地理院に認められるまで粘れば
まだ逆転日本一のチャンスはあると思いますよ。

P1017154_R.JPG
「がんばってほしいですね」


大潟富士に投げやりな応援の言葉をかけたところで、
男鹿半島をドライブしてみましょう。

日本海に面した半島だけに、
海沿いのドライブが気持ちいいですよ。

P1017190_R.JPG
「岩が多くて、面白い地形の海岸が多いな」

男鹿半島の南側、南磯あたりは、
日本海の荒波が作りだす奇岩がたくさんあるみたいです。

奇岩の中でも有名なのが、ゴジラ岩。
国道59号沿いに小さな案内板があるので、
見逃さないように磯の方へ入って車を停めましょう。

P1017197_R.JPG
「岩だらけの磯だが、ゴジラはどこだ」

すごく美味しい魚が釣れそうな感じの磯ですね。
大きな岩がたくさんあって、歩きにくいので
ゴジラを探すのも一苦労です。

P1017217_R.JPG
「これっぽくないか」

あっ本当だ、ぽいです!
でも、写真で見たのとちょっと違うような…

P1017224_R.JPG
「そうか、裏だなこれ」

P1017229_R.JPG
「こっちから見ると、ほら」

そう、これこれ!

P1017230_R.JPG

これはたしかにゴジラですね。
写真を撮るなら、夕日をバックにしたシルエットを狙うのが
おすすめらしいです。

飼い主&犬さんは岩場をウロウロして探し回りましたが、
帰りにもう一度国道沿いの案内板を見たら
ゴジラ岩までの最短ルートが書いてあったので
それを確認してから行けばすぐ見つかりますよ。

P1017203_R.JPG
「負け惜しみを言えば、磯をウロウロするのは探検っぽくて楽しいぞ」

謎のロシアの何かが落ちてたりして面白かったですよね。

P1017223_R.JPG


さて、男鹿半島ドライブを続けましょうか。
途中の船川港には、なまはげさんがいますよ!

P1017237_R.JPG
「わりぃごはいねーがー!」

犬さん、かっこいい!
男鹿半島といえばなまはげですよね。
国の重要無形民俗文化財にも指定されている秋田の冬の伝統行事です。
刃物を持った鬼ですからね。大人でも怖いですよこれ。
秋田のお子様たち、トラウマになったりしないんでしょうか。


P1017290_R.JPG
「こっちには等身大のなまはげがいるぞ」

いつの間にか、男鹿半島の先っちょ、入道崎まで来ましたね。
なまはげさんたちの横で絶妙な顔をしている犬は、
秋田犬ということだと思います、多分。

P1017260_R.JPG
「入道崎は灯台とかがあって、これまた景色のいい所だな」

広々として気持ちいいですよね。
北緯40度のラインが通ってるらしくて、モニュメントがあったりします。

P1017269_R.JPG
「北緯40度近辺の都市は、北京やニューヨーク、マドリードがあるそうだ」

北緯40度ってなぜか地理の問題になることが多いので、
地理を選択する受験生の皆さんは覚えておくといいですね。

P1017283_R.JPG
「受験生の皆さんはこんな変なブログを読んでる暇はないと思う」


さて、男鹿半島にはまだまだ見どころが多いのですが
それは次来る時のお楽しみにするとして、
犬さん、八郎潟からの男鹿半島はいかがでしたか?

P1017265_R.JPG
「竜神やなまはげやゴジラが登場した割に、まったりできた」

うららかな春の日の、あてもないドライブでしたからね。
厳しい冬だと、景色もまた違った表情になると思います。
次回もまだまだ秋田県をウロウロしますよー!


たつこさんと八郎さんの幸せをそっと祈ったらクリック!人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ





おまけ。

タグ:Project47
ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 秋田県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

たつこさんとナナさんの美しさよ。犬さんと行く田沢湖!

さて、犬さん。
宮城県を後にして、秋田県までやってきましたよ。

P1017015_R.JPG
「なんか見たことあるような感じの画だな」

秋田県が誇る景勝地、田沢湖です。
青い水面が美しい湖は日本一の水深を誇り、
その向こうの雪山は秋田駒ヶ岳。
そして手前の金色に輝く女性像は、たつこ像です。

P1017038_R.JPG
「たつこ?」

田沢湖に伝わる伝説で、この近くに住んでいたたつこさんという美しい女性が
永遠の美しさを手に入れたくて神社に願掛けをしていたら、
「泉の水を飲みなさい」というお告げがあり、その通りにしたら
龍になってしまって田沢湖の主になった、というお話があるそうで。
その、龍になる前のたつこさんの像です。

P1017023_R.JPG
「昔話におけるお告げって、意外とロクなことにならない場合も多いよな」

人間が「永遠」とか分不相応な望みを持つことを戒めるお話なんでしょうね。


こちらの御座石神社には、
その願掛けをした祠や水を飲んだ泉があるそうですよ。

P1017063_R.JPG
「厳島神社的な鳥居がある」

神社の名前にもなっている御座石はこれですね。
湖に臨む平らな岩です。
秋田藩主が田沢湖に来た時にここで一休みしたとか何とか。

P1017068_R.JPG
「お殿様気分で湖を眺められるな」

神社の裏山に登って行くと、
たつこさんが人間だった頃に美貌を映して眺めたという
鏡のような表面を持つ石、鏡石があるみたいです。

P1017082_R.JPG

P1017078_R.JPG
「プチ登山だ」

途中にある願い橋は、願い事を橋に直接書くと叶っちゃうそうですよ。

P1017094_R.JPG

飼い主は筆記具を持ってなくて書けなかったので、
これから行く人は、油性のペンなんかを持参でどうぞ。

P1017076_R.JPG
「落書き推奨の橋とは珍しい」

落書きじゃないですよ。願い事ね。落書きは駄目ですよ。


そして、あれが鏡石ですね。
見にくい写真で申し訳ないですが、
確かに丸くて表面が平らで鏡っぽいです。

P1017088_R.JPG

P1017086_R.JPG
「でも、あの石に顔を映すのは無理があるような気がするぞ、たつこ」

飼い主はそれより、鏡石のある場所が気になります。

P1017089_R.JPG
左上が鏡石。

また写真が見にくいですが、崖ですよこれ。
ここに通って身だしなみを整えていたんですね、
たつこさん…

P1017095_R.JPG
(たつこ、カモシカかよ…)

美にかける女性の執念ってすごいです。


さて、湖沿いに車を走らせて、湖の東側まで来てみました。

P1017104_R.JPG
「金色のたつこ像があった場所の、ちょうど反対側だな」

こちらにも、金色じゃない方のたつこ像があるのですが、
写真を撮り忘れました。

ホテルやペンション、キャンプ場などの宿泊施設や飲食店、
お土産物屋さんなどは、こっち側に集中してる感じですね。

遊覧船の発着所や貸しボート屋さんもこのエリアにあります。

P1017106_R.JPG
「みんな、肩幅どうした」

あっ、犬さん、秋田犬見学所がありますよ!

P1017146_R.JPG

やっぱり秋田まで来たら、秋田犬に会わないと!
建物の中を通らないと行けないので、
犬さんは行けませんね。車で待っててください。

P1017121_R.JPG
「…へえ。秋田犬を見学にねえ…行ってくれば?」

共栄パレスさんは、
お土産物屋さん&お食事処みたいです。
お店の建物の裏で、秋田犬と比内地鶏たちを見学できるんですね。

P1017134_R.JPG

こちらが秋田犬のナナちゃん!

P1017130_R.JPG

かーわーいーいー!
女の子らしい美犬さんですね。

なんと、観光PRポスターにも出演したモデル犬らしいですよ!

P1017137_R.JPG

犬さん、秋田犬かわいかったです!

P1017122_R.JPG
「ふーん」

あれ?何ですか?やきもちですか?

P1017126_R.JPG
「というか、海外旅行でマクドナルドで食事する奴を見るような気持ち」

…?

P1017141_R.JPG
「ところで、そのピンクのは何だ」

共栄パレスさんの前で売ってた、ババヘラアイスです。
ババヘラアイスというのは、秋田の道路脇や観光地で
露店販売してるアイスのことで、
年配の女性の売り子さんがヘラで盛り付けてくださるので
ババヘラと呼ばれるようになったそうです。
あっという間に綺麗なお花の形に盛り付けてくださるんですよ。
職人芸的な感じで、目でも楽しめるアイスですね。
味もシャーベット的な感じで、いい意味で安っぽくて美味しいです!

というわけで、田沢湖、秋田犬、ババヘラアイスと、
秋田県に入っていきなり畳み掛けるように秋
田名物を堪能できてしまった飼い主ですが
犬さん田沢湖のご感想は?

P1017004_R.JPG
「田沢湖は文句なしの景勝地だった。派手じゃないが、そこがいい」

この後訪ねる予定の、秋田の他の名所も期待できそうですね!


「いい意味で」と付ければ許されると思うなよ。と思ったらクリック!人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ

タグ:Project47
ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 秋田県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

とりあえず、モアイを見に行くという行き方。犬さんと南三陸へ!

さて、犬さん。
松島の夕日は本当に綺麗でしたね。
今日は海岸沿いをさらに北上して、南三陸町にやってきましたよ。

P1016702_R.JPG
「唐突な感じで、モアイ像があるのだが」

はい。太平洋に面したこの町は元々、
1960年のチリ地震によって起きた津波で被害を受けた土地でした。
それを機に太平洋を挟んで被災者同士の交流が芽生え、
チリのイースター島と南三陸町の友好と防災の象徴として
町内にモアイ像が建てられ、近年ではさらに町おこしとして
モアイを町のシンボルとしてアピールする取り組みが
地元の高校生を中心に盛り上がりつつあったそうです。

その矢先に2011年の東日本大震災が起こり、
甚大な被害が出た南三陸町。
チリの人々から希望と祈りを込めて
他の復興支援とともに町に贈られたのが、
このモアイ像なんだそうです。

イースター島の石を使い、イースター島で制作されたモアイ像が
イースター島から出ることは本来あり得ないことなのですが
そういう事情で、世界で唯一、ここにだけは本物のモアイ像があるのです。

P1016696_R.JPG
「ん?なんかその説明、デジャヴ感があるんだけど」

はい。今年の春に宮崎県のサンメッセ日南で見たモアイ像も、
イースター島以外では世界で唯一、イースター島の長老会の許可を受けた
「本物の」モアイということになっていましたが、
ちょっと情報が古かったみたいです。
サンメッセのモアイは、イースター島長老会の許可を受けた
正式なモアイではありますが、石材は日本のものです。

ちょっとややこしいですが…

イースター島以外のモアイが、
世界で日本にだけ2箇所にあるというのも凄い話ですよね。

このモアイ像は、南三陸さんさん商店街という、
仮設商店街に置かれています。

P1016701_R.JPG
「平日の商店街らしからぬ活気がある」

この商店街のお茶屋さんでは、モアイソフトが食べられますよ。

P1016747_R.JPG

お土産物屋さんではモアイグッズも売ってます。
オリジナルのモアイ飴は汐風サイダー味だそうです。

P1016930_R.JPG
モアイの口づけ。

自動販売機もモアイですよー

P1016714_R.JPG
「伊賀の忍者推しを思い出す、モアイのプッシュされっぷり」

まだまだ、こんなものではございません。

橋の欄干もモアイですよー(Googleマップ

P1016738_R.JPG
「意外と日本の山の風景にも馴染んでるな」

ざっくり言うと、お地蔵様みたいなものですからね…


こちらのさわやか公園(Googleマップ)にも、巨大なモアイがいます。

P1016725_R.JPG
「本格的だな」


旧志津川駅の前の広場には、足元にモアイタイルがありますよ。

P1016715_R.JPG
「モアイって、字で書いちゃってるな」

P1016718_R.JPG
「しかし、ここから見る風景とか、やっぱりあれだな…」

『もう3年』かと思ってたら、全然『まだ3年』でしたね。
犬さんが立ってる場所も、
震災の影響で運行が休止されたままの鉄道の線路ですからね。
さっきのさんさん商店街も仮設のプレハブのお店だし、
仮設住宅から通勤・通学してる人たちもまだまだ多いみたいです。

P1016722_R.JPG
「そこに面白半分でモアイを見に来てる飼い主、どうなんだ?」

不謹慎だし失礼だし馬鹿なんですよ。

P1016750_R.JPG
「開き直られても」

でもね、当時に比べて原発以外の震災関連の報道も減ってる今、
馬鹿は馬鹿なりに、面白半分でモアイを見に行くのでもいいから
とりあえず現地に行って「まだだな」と思わないと。
そこからなんですよ、特に飼い主みたいな、
被災地から遠い地域に住んでる馬鹿は。

P1016758_R.JPG
「逆切れやめろ。あと、急に何うまそうなもの食ってんだ」

さんさん商店街の期間限定キラキラ丼、春告げ丼ですよ。
ちゃんと屋外の席もあって、犬連れでも大丈夫です。
犬さんにもちょっとあげましょう。

P1016759_R.JPG
「元々、東北は山海のうまいものの宝庫だからなあ」

それを何か微妙な感じにしてしまった原発関係の人災は、
絶対許しちゃいけないと改めて思いますね。

P1016706_R.JPG
「食い物の恨みは怖いっていうやつだな」

そういう感じです。
結局、馬鹿は自分のこととして考えないと、
モチベーションとか持てないし続かないですから。

南三陸町内にはここで紹介した以外にも隠れモアイが点在しているので、
とりあえずモアイを見に行って、「まだだな」と思ってみるのは
いかがでしょうか。いかがなものでしょうか。ということで。

P1016730_R.JPG
「こんな変なブログで扱うには、ちょっと荷が重い話だったな」

「まだだな」を心に秘めたまま、
次回からは通常通りの珍道中をお送りします。


「そうか、まだなのか」と思ったらクリック!
タグ:Project47
ニックネーム 飼い主 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 宮城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
もんど モンド 主水 大型犬と一緒 旅行 犬同伴 わんこ OK 犬連れ